アオリイカの締め方を解説&イカの神経締めに使う道具おすすめ3選

アオリイカなどのイカを釣ったら持ち帰って食べたいですよね。持ち帰る際は、イカを締めると鮮度が落ちにくくなり美味しく食べることができます。

イカを締める方法は、いくつかあります。

  • イカ締めピックを使う
  • ハサミやナイフを使う
  • デコピン、チョップで締める

キープすることを前提としたエギング釣行の場合、アオリイカを釣り上げたら生かした状態でバケツにいれて、スミを吐かせるとクーラーボックスなどを汚さずに持ち帰ることができます。

釣猿2号
この記事ではアオリイカをベースに解説していますが、ヤリイカ、スルメイカ、コウイカ、白イカなどやり方はすべて同じです。
スポンサーリンク

イカを締める方法

イカの締め方

イカを締めるときは、イカの目の間を目印にします。

ここから、胴体部分とゲソの部分に向かって斜めにピックやナイフなどで刺すとイカの神経が断ち切れて締まります。締まるとイカの体がすっと白くなるのでそれで完了です。

動画で観た方がわかりやすい方はこちらも参考にしてください。

釣猿2号
スッとイカが白くなるから締まっているかどうかがわかりやすいよね!

イラストで解説します。

イカの締め方その①

まず、イカ締め専用のピックかやナイフを用意します。

イカの目の間(中心部分)の少し上の方に専用のピック、もしくはナイフなど先端が尖っているものを刺します。

コツは斜め45度くらいに刺すと締まりやすい。

イカの締め方その②

次に、逆方向(足の方に向かって)に斜め45度を目指して刺します。

胴体と足、全体が白くなったら完了です。

専用のピックやナイフ、ハサミなどがない場合、空手チョップやデコピン、神経を抑えることでも締めることができます。

釣猿1号
道具がない場合はこの方法の方が簡単ですが、失敗するとスミ袋が破けたりうまく締まらないこともあります。
どうでもいい話かもしれませんが、以前「イカを締める動画」をtwitterにアップして炎上した人もいます。釣り人にとってはイカを締めるという行為は美味しく食べるためですが、知らない人から見ると虐待のように見えるようです。SNSなどにアップする際は気をつけましょう。人それぞれ意見はあると思いますが、イカを締めるという行為は「調理」の一貫だと思っていますので、僕は食べ物に感謝して締めています。

イカを締める道具おすすめ3選

イカを締めるのはそんなに難しいことではありません。ハサミやナイフでも代用可能です。

しかし、安全に確実に締めるには専用の道具を使うことをおすすめします。そこで、おすすめのイカ締めピックをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

シマノ Sephia スライドイカシメ CT-202I 7155

釣猿1号
カッターのようにカチカチっと刃を出すタイプなので扱いやすいのがいい!
釣猿2号
安定のシマノだしね!

ヤマシタ(YAMASHITA) イカ締めピック エギ王 イカ締め 120mm 夜光

釣猿1号
ヤマシタ発のコスパ最高なピック!
釣猿2号
エギングマイスターと同じものを使いたいならこれかな!

TAKAMIYA REALMETHOD イカギャフ付き JL-1302 

 

釣猿1号

イカ締めだけでなく、エギのカンナの変形を直すツール、ミニギャフが付いているので便利!

釣猿2号
このミニギャフは意外と重宝するよ!
関連記事

エギング釣行の際に、重宝するランディングアイテムが「ギャフ」です。しかし、エギンガーの中でも"タモ派"と"ギャフ派"に分かれるので、本当にギャフって便利なの?と思われてる方も少なくはないのでは。ギャフを使えば、簡単にイカの取[…]

エギングにギャフは必需品!使い方とおすすめのギャフを厳選して3つご紹介

イカの持ち帰り方について

鮮度を保つためには、イカを締めたら氷の入ったクーラーボックスに入れますが、必ずイカを氷や水に直接触れさせないようにしてください。

また、締めた後でもイカはスミを吐くことがあるので、ジップロックなどのビニール袋にいれておくと良いでしょう。

スミが気になる場合は、一度海水でイカを洗ってから個別でビニール袋に入れておけばOKです。

イカの透明感を損なわずに持ち帰るには、イカと真水を触れさせないこと。

水に触れてしまうと浸透圧の関係でアオリイカの体細胞が水を吸収してしまい、白く変色してしまい、味や食感が損なわれることがあります。

せっかく釣ったアオリイカを最高に美味しい状態に保つためにも、釣ったあとに締めて、新鮮な状態で持ち帰るようにしてくださいね!

釣猿2号
釣った直後のイカの刺身、天ぷらは最高だよね!
イカの締め方と持ち帰り方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク