エギングにおすすめなリーダー5選!結び方と長さ・太さの選定基準はここでチェック

エギングのリーダーの選び方を知りたい。

太さは何ポンドがいいのか?どのくらいの長さを確保するべきか、簡単な結び方も教えてほしいという方のために解説していきます!

また、おすすめのエギング用リーダーもご紹介していくので、あなたの悩みが一発で解消されると思います^^

では、まいります!

スポンサーリンク

エギングにリーダーを使う理由

エギングにはリーダーを使おう

リーダーは道糸(PEライン)と結束して使用するラインのことを指します。

エギングは、ボトムをとってから誘いを開始することが多いので、根ズレをすることが多いです。PEラインは、擦れに弱く海藻や岩に擦れてしまうと簡単に切れてしまいます。

また、PEラインは浮力が高いため、リーダーをつけずにフォールさせるとエギがPEラインの浮力に負けて上を向いてしまう場合もあります。

リーダーは根ズレや歯ズレに強いのでラインブレイクを防ぐ効果があります。

また、リーダーはアオリイカから見えにくいという特徴もあり、視認性の高いPEラインを直接エギに結びつけるよりも大きなメリットがあるんです。

ナイロンよりもフロロカーボン

エギングリーダーはフロロカーボン

リーダーの素材はナイロンとフロロカーボンが一般的ですが、エギングではフロロカーボンのリーダーを使うのがおすすめです。

フロロカーボンは、水よりも重いのでエギを自然な格好でフォールさせることができますし、ナイロンよりも劣化に強いからです。

強度で言えばフロロカーボンよりもナイロンの方が強いと言われていますが、海水を吸水することで劣化が早くなるという声もあり、一般的にはフロロカーボンのリーダーを使うことが多いです。

ただ、ナイロンをまったく使ってはダメというわけではなく、ナイロンのリーダーでもイカを釣ることは可能です。

あくまでどちらかと言えばフロロカーボンのリーダーがおすすめということです。

リーダーの太さ(号数)は1.75〜2.5号

根ズレによるラインブレイクを回避するだけの目的でリーダーを使うなら、とにかく太くて強度が高いリーダーを使いたくなるかもしれません。

しかし、リーダーが太くなればそれだけ水の抵抗を受けやすくなります。

水の抵抗を受けやすくなれば、それだけエギの操作が難しくなりますし、自然な動きが出せなくなる可能性が出てきます。

そこで、エギングでの推奨号数は、1.75〜2.5号ぐらいがベストだと感じています。

PEラインは0.6〜1号くらいがおすすめです。

3キロ以上のデカイカを狙う場合は、3号などの太めのリーダーを使う場合もありますが、普段使いの1.75号のリーダーで2キロオーバーのアオリイカもまったく問題なく釣れました。

リーダーの太さは狙うサイズや釣り場の状況によって使い分けるといいでしょう。

リーダーの長さは1.5mくらい

リーダーの長さはだいたい1.5mくらい確保しておけば問題ありませんが、エギを落とすポイントが深場で岩や海藻が多い場合は2m程度取ることもあります。

フィールドに合わせてリーダーの長さを調整しながら、エギのロストを減らしていく工夫をしていきましょう。

また、リーダーの全長は30〜40メートル巻きのものでOKです。

リーダーの結び方(電車結びとFGノット)

PEラインとリーダーを結ぶ方法はいくつかありますが、初心者で難しい結び方はしたくないという方は電車結びがおすすめです。

関連記事

エギングを始めてみたいけど、PEラインとショックリーダーを結ぶ方法がわからないという人のために、初心者でも簡単に結べる「電車結び」の方法を伝授します。もちろん、エギングだけでなく他の釣り(PEラインとリーダーを直結させる仕掛けの釣り[…]

『初心者におすすめ』エギングの電車結び | PEラインとリーダーの簡単な結び方

電車結びは強度はそこまで強くありませんが、簡単に結ぶことができます。

強度の強い結び方でおすすめなのはFGノットです。

最強!おすすめフロロカーボンリーダー5選

それでは、エギングに向いているリーダーのおすすめをご紹介していきます!

ダイワ エメラルダス リーダー エクストリームII 40m 1.75号

ダイワ最強のハイスペックフロロカーボン採用のリーダー。

結節強力が強く、リーダーの全長も40mと長めになっているので、コスパもよく強度もあり、操作性の高いリーダーです。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) リーダー フロロショックリーダー

アタリの感度も高く、しなやかで結束力も高いリーダーです。

コスパもいいのでエギンガーからの評価も高い。

デュエル(DUEL) ハリス ハードコア エギングリーダー 30m

根ズレ、瀬ズレに強くアオリイカのバイトをしっかりと伝えてくれる伸度。

しなやかな硬さで結びやすさも評価の高いポイントで、カラーもアオリイカを刺激しないナチュラルカラーです。

クレハ(KUREHA) リーダー シーガー バトルエギリーダーII 30m

Amazonで評価の高いリーダーがこちら。

クレハのリーダーは安くて柔らかいのに強度があると初心者にも扱いやすいリーダーです。

シマノ(SHIMANO) セフィア EX フロロカーボン

安定のシマノのリーダー。EXフロロカーボンを採用。

表面をシリコンコーティングしていることで水さばき性の向上と、激キレチューニングというハリをもたせてエギの跳ね上げ性能を追求したものです。

バランスのいいリーダーを使って釣果をあげよう!

エギングにはリーダを使おう

エギングはPEラインとリーダーを結束しないといけないので、面倒臭いと思われるかもしれません。

でも、大きなアオリイカがバイトして合わせた瞬間の気持ち良さはたまりません!大型のアオリイカがかかっても切れないリーダーを使ってチャンスを逃さないようにしてくださいね!

エギングにおすすめなリーダー5選!結び方と長さ・太さの選定基準はここでチェック
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク