『初心者におすすめ』エギングの電車結び | PEラインとリーダーの簡単な結び方

エギングを始めてみたいけど、PEラインとショックリーダーを結ぶ方法がわからないという人のために、初心者でも簡単に結べる「電車結び」の方法を伝授します。

もちろん、エギングだけでなく他の釣り(PEラインとリーダーを直結させる仕掛けの釣り)にも使える結び方なので、覚えておいて損はありません!

今回は、画像でわかりやすく解説していきます!

釣り糸の結び方は難しいと思われがちですが、家で3回くらい練習するだけで、誰でも結べるようになるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

釣猿2号
僕は、初心者のこと友達に結んでもらってましたが、それだといつまでも一人で釣りにいけないことに気づき、自分で結べる努力をしましたw
スポンサーリンク

電車結びのメリットとデメリット

難易度:★
強度:★★★

最初に電車結びの特徴について少し触れておきます。

電車結びは、初心者でも簡単に素早く結べるというメリットがありますが、強度が他の結び方よりも弱いというデメリットがあります。

強度が弱いといっても、エギングの引き程度なら余裕で持ちこたえる程度の強度ですので安心してください。

ただ、根掛かりした時などに思いっきりロッドを立ててしまうと、連結部分から切れてしまう可能性はあります。

理想は、あらかじめ自宅などでFGノットなどの強度のある結び方で準備をしておくといいのですが、釣り場でラインが切れてしまって応急処置的にPEラインとリーダーを結ぶ場合は電車結びで十分です。

電車結びのやり方(画像付き)

それでは、電車結びのやり方を画像付きで解説していきます。

画像では、わかりやすいようにPEラインを赤色、リーダーを黄色のカラー紐にしています。

電車結び:PEラインとリーダーを平行に並べる①まずはPEラインとリーダーを平行に並べます
電車結び:PEラインを折り返し輪っかを作る②PEラインを折り返してリーダーと重なるように輪っかを作ります
電車結び:リーダーにPEラインを5回巻きつける③リーダーにPEラインを5回巻きつける
電車結び:PEラインをゆっくり引っ張る④PEラインをゆっくり引っ張る
電車結び:完全には締めず7割くらいで締めこむ⑤PEラインを引っ張ると結び目ができるので、完全には締めこまず軽く締める(最後に完全に締めるため)
電車結び:リーダーを同様に輪っかにする⑥反対側のリーダーを同様に輪っかにする
電車結び:PEラインにリーダーを5回巻きつける⑦PEラインにリーダーを5回巻きつける
電車結び:リーダーをゆっくり引っ張る⑧リーダーをゆっくり引っ張る
電車結び:PEラインとリーダーを均等に引っ張る⑨PEラインとリーダーを均等にゆっくり引っ張る
電車結び:コブとコブが連結したら完成⑩コブとコブが連結したら完成。余ったラインをカットする

電車結びのやり方(動画版)

電車結びは大事な時合いを逃さない結び方

今回は、PEラインとリーダーの連結結びの中でも一番簡単な電車結びのやり方を紹介しました!

エギングをしているとき、時合いがきているのにラインが切れてしまった…そんなときにスピーディにラインを結びたいときは、迷わず電車結びを選びましょう!

決して強度が強いとは言えませんが、摩擦系ノットの中では短時間で結べるやり方ですので、覚えておいて決して損はありません。

電車結びに慣れてきたら、少し難しいFGノットなどの強度のある結び方を覚えていけばOKです。

おすすめのPEラインはこちら

関連記事

エギングの場合、リールに巻くラインはPEラインを使います。また、先端にはフロロカーボンのリーダーを直結して、その先にスナップを付けて使います。PEラインの号数は、0.6号〜1号が一般的で、号数が小さくなるほどエギの飛距離を伸ばせます[…]

エギング用PEラインのおすすめ12選

おすすめのリーダーはこちら

関連記事

エギングのリーダーの選び方を知りたい。太さは何ポンドがいいのか?どのくらいの長さを確保するべきか、簡単な結び方も教えてほしいという方のために解説していきます!また、おすすめのエギング用リーダーもご紹介していくので、あなたの悩[…]

エギングにおすすめなリーダー5選!結び方と長さ・太さの選定基準はここでチェック

エギのおすすめはこちら

関連記事

エギングは、エギ(餌木)と呼ばれるイカ(アオリイカ・ヤリイカ・スルメイカ・コウイカなど)を釣るために使用されるルアーを使う釣法です。竿と糸とエギさえあればできる、比較的ライトな釣りなので、近年エギンガーと呼ばれるアングラーが急増して[…]

エギおすすめ!人気のあるアオリイカが釣れるエギングルアー10選
『初心者におすすめ』エギングの電車結び | PEラインとリーダーの簡単な結び方
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク