【魔改造】エギを簡単カスタムでイカ爆釣!エギングで一人勝ちしたいあなたへ!

簡単なタックルで気軽に楽しむことができる釣りとして今大人気なエギング。

他の釣りと比べて初心者が始めやすい釣りではありますが、イカが簡単に釣れないのが悩みどころですよね。

釣猿
そのぶん奥が深い釣りだよね!
釣猿2号
どうやったら釣れるのか考えるのも楽しい!

しかし、なかなか釣果を得られず、イカとご対面する前に釣りを辞めてしまったエギンガーも少なからずいるのではないでしょうか。

そんな心が折れそうなエギンガー必見!エギを簡単にカスタマイズしてイカを釣る方法があるんです!

今回は、エギの簡単なカスタマイズということで、写真と動画そしてその釣果報告をしていきたいと思います。

・とにかくイカを釣りたい!
・もうボウズで帰るのは嫌!
・釣果アップの方法を知りたい!

と少し弱気になていたあなた!大丈夫です!一緒にエギをカスタムして釣果アップを目指しましょう!

今回のエギのカスタマイズとは?

カスタムエギの状況

今回作成するカスタムエギは、シンカー(オモリの部分)を取り外し代わりにスナップ付きのオモリをつけるというものです。

「こんなんでイカが釣れるの!?」と思った人も多いと思いますが、なんと釣れるんです!w

キャストしてエギが着底したら、海底から10cmくらいの高さでゆっくりゆらゆらと揺れます。

何もしていないのにアピールしている状況が生まれます。

ロッドはアクションせず、「ゆっくりリールを巻いて止める」を繰り返し、手にググッと重たさを感じたら合わせるとイカが釣れます。

釣猿
エギが不自然な動きをしないのが良いのかも!
釣猿2号
たまにシャクリを入れて変化をつけるのもよし!
カスタムエギの使用しているイメージとアオリイカ
カスタムエギのイメージ

カスタムエギでの釣果報告!

実際にどれほどイカが釣れるのか気になる方もいると思うので、いくつか紹介していきます。

このカスタムエギは特にコウイカがよく釣れます。

コウイカ(甲烏賊)とは、砂泥の底近くに生息している甲(貝殻)を持ったイカのこと。関東ではスミイカ、西日本ではハリイカとも呼ばれています。

海底付近に生息しているので、低層に特化したこのカスタムエギが有効というわけです。

これ何イカ?エギングで釣れる・狙えるイカを徹底解説!

関連記事

エギングを愛するエギンガーの皆さん!エギングで釣れるイカと言ったらアオリイカですよね! 漁港や堤防、磯から沿岸部に生息するアオリイカをメインターゲットとして狙っていると思います。 しかし年中エギングをしている方は「アオリイカを狙[…]

エギング 釣れるイカ6種類を徹底解説

カスタマイズしたエギで釣れたコウイカ カスタマイズしたエギで釣れたコウイカ カスタマイズしたエギで釣れたコウイカ カスタマイズしたエギで釣れたコウイカ

釣猿
エサ巻きエギをカスタマイズしたらめちゃめちゃ釣れるw
釣猿2号
エサのバリエーションを増やしてみるのも楽しい!

最強エギ!?エサ巻きエギングの良さを徹底解説!

関連記事

近年人気大爆発中の釣りといえばエギングですよね!釣り場にはロッドをシャクっているアングラーがそこら中にいて、エギングの人気っぷりが伺えます。 人が多ければスレるイカも多くなるのは世の常。 釣り場に行ったけど、お目当てのアオリイカ[…]

チーム釣猿ではこのカスタムエギを使用してコウイカを爆釣している様子をYouTubeにアップしています。最新の動画もあるのでお時間のある時にぜひチェックしてください!

カスタムエギ作成

スポンサーリンク

準備物

それでは早速カスタムエギに必要な準備するものを紹介していきます。

エギのカスタマイズに必要な道具(エギ・ダブルスナップ・シンカー・ペンチ・ヒートン)

【準備物】
・お好きなエギ
・ナス型オモリ(4号〜5号)
・ダブルスナップ付タル(#10)
・ヒートン
・ペンチ

今回使用したエギは3.5号ですが、3号でも代替可能です。エサ巻き専用の商品を使用していますが通常のエギでも同じなので問題ありません。

ナス型オモリは夜光で光るものと、鉛色の光らないものの2種類あります。どちらでも良いのですが、ナイトエギングでも使いたい場合は夜光カラー表記のオモリを使用することをおすすめします。

ダブルスナップは色々なサイズがありますが、#10がおすすめサイズです。

ヒートンとは、壁などにねじこんで物を吊り下げるために用いる金具の一種です。スナップとエギをくっつけるために使用します。

様々なメーカーで販売されいていますが、今回は100円ショプのダイソー(ハンドメイドコーナーにあります)のヒートンを使用して作成しています。

今回使用した道具は下のリンクに掲載しているので、購入する時の参考にしてください。

作成手順

ここからは実際に写真付きでエギをカスタマイズしていきましょう。

作成過程を説明している動画がYouTubeにもあるので、写真でわかりにくい場合はそちらもご確認ください。

釣猿2号

それでは早速やっていこう!

エギのカンナ部分を保護するためにエギホルダーを使用

作業中、エギのカンナ(針)に指が刺さり怪我をしないよう注意が必要です。作業に慣れないうちはエギホルダーなどでカンナ部分を保護すると安全に作業することができます。
カスタマイズするエギの作業前の状態
①こちらのエギをカスタマイズしていきます。
エギのシンカーをペンチを使って外します。
②ペンチを使ってエギのシンカーを外します。
エギのシンカーをペンチで外しました
③シンカーが外れました。
エギのシンカーが外れた様子
④こんな感じです。(※ 外したシンカーはもう使いません。)
エギの胸の位置にヒートンを取り付けます。
⑤エギの胸の位置にヒートンを取り付けます。
エギの裏から見たヒートンの取り付け位置
⑥裏から見た取付位置。元シンカー部分の近くが安定した姿勢になります。
エギにヒートンをペンチでねじ込んでいる様子
⑦ペンチでゆっくりヒートンをねじ込みましょう。
エギにヒートンが取り付けられている
⑧ヒートン取付完了
エギにダブルスナップとシンカーを取り付け
⑨ヒートン、ダブルスナップ、ナス型オモリを連結します。
エギにスナップとナス型シンカーをつけてカスタマイズ
⑩連結完了!カスタムエギの完成です。
釣猿
 簡単にカスタマイズできちゃった!
釣猿2号
これなら誰でも作れそうだね!

YouTubeで見たい方はこちら!

このカスタマイズはエギのシンカーを取り外したら、元通りにすることは困難なのでその点には注意しましょう。

また、シンカーを外す際にはある程度ペンチに力を入れて作業します。先ほどもありましたが、カンナで指を負傷する可能性もあるので、安全に作業するためにエギホルダーの使用をおすすめします。

ナカジマ(Nakazima) No.6164 イカラビーナ M アイボリ

ナカジマ(Nakazima) No.6164 イカラビーナ M アイボリ

132円(11/27 06:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

超便利!イカラビーナの有効的な使い方!

関連記事

皆さんはエギングをしている時にエギをどのように持ち歩いていますか? エメラルダスなど専用のメッシュ仕様のエギケースにしまい、バッグに入れて持ち運んでいる方も多いのではないでしょうか。 しかし、こんな悩みも多いはず…。 […]

錆びないようメンテナンスしよう!

各メーカーから発売されているのエギのシンカーは、大半が鉛を使用した製品となっています。

釣猿2号
つまり錆びにくいってことだね!

しかし今回鉛のシンカーを外し、スナップやナス型オモリ、ヒートンを取り付けました。基本的に錆びにくい素材のものが多いですが、中にはすぐ錆びてしまうタイプのものもあるでしょう。

そこで、釣行後はしっかり洗ってメンテナンスすることで、カスタムエギも長持ちします。メンテナンス方法は別の記事に詳しく紹介しているので、そちらを参考にしてください。

釣行後のエギの正しいメンテナンス方法!

関連記事

リールとロッド、ライン、ルアーの4点セットでイカが釣れちゃうエギングは、簡単なタックルで始める事ができる大人気の釣りです。 そんなエギングで重要なアイテムといえばやっぱり「餌木(エギ)」ですよね! あまりにも多すぎるエギの中から[…]

まとめ

カスタマイズしたエギで釣れたコウイカ

いかがだったでしょうか。

今回はイカが釣れるエギのカスタマイズということで、実際の釣果報告と作成手順について紹介してきました。

このカスタムエギを使用すればテクニック要らずでイカを釣ることができます。

まさに初心者さんや最近釣果に伸び悩んでいた全エギンガー待望の「釣れるエギ」なのです!

とはいっても、エギングに”必ず”はなく本当に奥の深い釣りです。

釣猿
エギのカラーのローテーションや天候などのシチュエーションによっても釣れ方が変わるもんね!
釣猿2号
簡単には釣れないからこそ釣れた時の喜びも大きいし楽しいんだ!

皆さんもエギングに少し行き詰まった、なかなか釣れないと思い悩んだら、趣向を変え今回のカスタマイズをしてみてはいかがでしょう!

チーム釣猿では様々なエギング動画をYouTubeで配信中です。ぜひ動画を見て”釣れる!!”を実感してください!

これからも一緒にエギングをみんなで楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
エギをカスタム
最新情報をチェックしよう!