【最強】シーバスにおすすめなクーラーボックス14選|サイズの選び方も解説

高いゲーム性で人気のシーバスフィッシングは、ルアーゲームの中でも特に人気の釣りです。そんなシーバスですが、実はしっかり処理をして持ち帰れば、美味しく食べることができる魚です。シーバス(スズキ)は高級魚としても人気の魚で、刺身はもちろん塩焼きやムニエルにしても美味しいです。

シーバスを新鮮なまま持って帰るためには、『クーラーボックス』が必須!そこで今回は、シーバス付いに最適なクーラーボックスの選び方とおすすめの製品について詳しく解説していきます!

・シーバスを食べたい
・新鮮まま持ち帰りたい
・シーバス用のクーラーボックスを探している
・おすすめの商品が知りたい

シーバス用のクーラーボックス探しでお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

美味しく持ち帰るためにクーラーボックスは必須

シーバス スズキ 鱸 刺身

釣ったシーバスを鮮度よく持ち帰るためには、しっかりと締めて、クーラーボックスで冷やす必要があります。

シーバスの締め方については、簡単にできる方法や必要な道具についてを別の記事で紹介しています。動画付きなので、初心者の方でも真似することが可能です。ぜひそちらもチェックしてみてください!

関連記事

ルアーフィッシングの中でもシーバス釣りは特に人気の高い釣りのひとつです。そんなシーバス釣りですが、皆さんは釣れたシーバス(スズキ)をどうしていますか? リリースされる方も多い魚ですが、正しい処理(締め方)をすれば、美味しく食べる事がで[…]

【超簡単】シーバスの正しい締め方|初心者でも出来る血抜きの方法を解説

シーバス用クーラーボックスの選び方

① サイズ

シーバス クーラーボックス 容量・サイズ・大きさ

シーバス用のクーラーボックスを探す際は、まず『サイズ(容量)』から選択しましょう。地域や季節によって異なりますが、シーバスは40〜70cmのサイズが釣れることが多いです。場合によってはランカーサイズ(80cm以上)が釣れる場合も。

しかし、大きすぎるクーラーボックスだと、釣り場までの移動が困難になります。そのため、内寸50cm程度のサイズ(容量:30L程度)がベストです。それほどあれば、60〜70cmまでのシーバスを入れることが可能です。

釣り場 サイズの目安 内寸の目安
ショア(岸) 30L程度 50cm程度
ボート 40L〜60L程度 70〜80cm程度
釣猿
ボートでシーバスを狙う場合は多少大きくても大丈夫!
釣猿2号
縦長の大きいサイズなら飲み物や食料を入れることができるからボートには大きめサイズが便利だよ!
関連記事

シーバスを仕事終わりに少し楽しむ…そんな忙しい方にもぴったりな釣りでもあるシーバス釣り。手軽に楽しめることで人気の高い釣りのひとつです。 そんなシーバス釣りですが、始めるとしたらどの季節が良いかご存知ですか?比較的1年中楽しめる釣りで[…]

【基礎】シーバスの釣れる時期|おすすめのシーズンとその攻略法を徹底解説!

② 保冷力

シーバス クーラーボックス 保冷力

次に『保冷力』を選択します。保冷力はあればあるほど良いですが、保冷力が高くなる分、値段も高くなります。

具体的には使用している断熱材によって保冷力が変わり、『発泡スチロール → 発報ウレタン → 真空断熱パネル』の順にグレードは上がっていきます。

シーバス釣りをする季節や時間帯、釣行時間や釣行頻度に合わせて、自分に合った保冷力を見つけましょう。

素材 最適な季節 最適な時間帯 値段
発泡スチロール 夜・マズメのみ 安い
発報ウレタン 春・秋・冬 夜・マズメのみ
日中の短時間
中間
真空断熱パネル 春・夏・秋・冬 日中・マズメ・夜 高い
釣猿
予算に余裕があるなら、だんぜん『真空パネル』がおすすめ!
釣猿2号
青物とかシーバス以外にも使えるし、買い替えの必要がないから総合的に見るとコスパは良いよ!
スポンサーリンク

③ 機能性

シーバス クーラーボックス 機能性

最後に機能性もチェックしておきましょう。機能性は「無くても良いけど、あったら便利」なものが多いので、自分が欲しい!と思う機能の付いてるタイプを選びましょう。

特に便利な装備を挙げておくので、ぜひ参考にしてください!

  1. キャスター(持ち運びが便利)
  2. ロッドホルダー(釣り竿を地面に置かなくて済む)
  3. フタの両開き(出し入れが楽)
  4. 水抜き(メンテナンスが楽)
  5. 底面に滑り止めゴム(安定性の向上)
釣猿
クーラーのサイズは大きくなりがちだから、個人的にキャスターは必須だね!
釣猿2号
氷と釣ったシーバスを入れたらかなりの重量!キャスターありのありがたみが分かるw

シーバスに最適なクーラーボックス14選

シマノ:フィクセル ライト 30L

シマノ(SHIMANO) フィクセル ライト 30L NF-430V グレー

シマノ(SHIMANO) フィクセル ライト 30L NF-430V グレー

15,488円(06/24 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ 容量(L) 30L
内寸(mm) 440×250×260
重量 4.8kg
保冷力(断熱材) 発泡ポリスチレン
機能性 キャスター ×
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

シマノから販売されている定番のクーラーボックスが『フィクセル』シリーズ。その中でも、最も価格の安いのが『フィクセル ライト』です。容量は30Lで内寸44cmなので、60cm以下のシーバスなら十分入れることが可能です。保冷力は、外気温31度で、クーラーボックス内の氷が40時間キープされるくらい。

機能性も十分備わっているので、扱いやすく人気のシリーズです。とにかく予算を抑えたい方や、シーバスは夜や涼しい時にしかしない方は検討してみてはいかがでしょう。

シマノ:フィクセル ベイシス 30L

シマノ(SHIMANO) フィクセル ベイシス 30L NF-330V ホワイト

シマノ(SHIMANO) フィクセル ベイシス 30L NF-330V ホワイト

18,189円(06/23 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ 容量(L) 30L
内寸(mm) 440×250×260
重量 5.3kg
保冷力(断熱材) 発泡ウレタン
機能性 キャスター ×
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

シマノの『フィクセル』シリーズの最もコスパの良いモデルが『フィクセル ベイシス』です。値段と機能性のバランスがよく、釣行が1日で済む方は、このモデルがおすすめです。使用されている素材は発泡ウレタンで、外気温31度でも、クーラーボックス内の氷が50時間キープされます。

これくらいなら真夏の日中でも短時間なら十分保冷力が持つので安心です。もし少し不安な方は、次に紹介する『フィクセル リミテッド』がおすすめです。

シマノ:フィクセル リミテッド 30L

シマノ(SHIMANO) フィクセル リミテッド 30L NF-230V ホワイト

シマノ(SHIMANO) フィクセル リミテッド 30L NF-230V ホワイト

27,952円(06/24 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ 容量(L) 30L
内寸(mm) 440×250×260
重量 6.1kg
保冷力(断熱材) 3面真空パネル+発泡ウレタン
機能性 キャスター ×
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

シマノから販売されている『フィクセルリミテッド』は、シマノ最高峰レベルの保冷力を持つクーラーボックスです。『便利・頑丈・保冷力』の3つを突き詰め、保冷力に関しては外気温31度でも、クーラーボックス内の氷が75時間キープ可能です。

3面一体型真空パネルと発泡ウレタンを採用しているので、保冷力は抜群に良いです。両開きの蓋は取り外しも可能なので、メンテナンスがしやすく、頑丈設計なので大人が座っても全く問題のない仕様になっています。真夏での使用や長時間釣行になりがちな方におすすめです。

シマノ:フィクセル ウルトラ プレミアム 30L

サイズ 容量(L) 30L
内寸(mm) 440×250×260
重量 7.7kg
保冷力(断熱材) 6面真空パネル+発泡ウレタン
機能性 キャスター ×
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

値段も保冷力もマックスな、シマノ最高峰クーラーボックスです。『6面極厚真空パネル+発泡ウレタン』を採用しているので、外気温31度でも、クーラーボックス内の氷が110時間(4日半以上)キープすることが可能です。

オーバースペック気味にも感じますが、遠征をする方や、かなり暑い夏場ではこの保冷力の高さは重宝されます。釣行が1日で済む方は、もう少しスペックを落としても問題ありません。より良いものが欲しい方や、連続釣行時間が長い方、真夏での釣行が多い方は、このモデルを買っても損はありません。

シマノ:スペーザ ライト キャスター 35L

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 592×252×230
重量 6.5kg
保冷力(断熱材) 発泡ポリスチレン
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

シマノから販売されているシーバスやオフショアに最適なクーラーボックスです。キャスター付きと無しが選べますが、このサイズ感だとキャスターアリの方がおすすめです。

『スペーザ』シリーズの中で最もやすいモデルですが、外気温31度の中で、クーラーボックス内の氷が45時間キープすることが可能です。汎用性も高く、青物などの大型の魚を狙う際にも使用できるので、おすすめです。

シマノ:スペーザ ベイシス キャスター35L

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 592×252×230
重量 7.1kg
保冷力(断熱材) 発泡ポリスチレン+1面底真空パネル
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

『スペーザ』シリーズの中でも性能と値段のバランスがいいのが『スペーザ ベイシス キャスター』です。外気温31度の中で、クーラーボックス内の氷が50時間キープすることが可能です。

カラーは『ピュアホワイト』『ネイビー』『インショアブルー』とおしゃれなラインナップになっているのも見どころです。

シマノ:スペーザ リミテッド キャスター35L

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 592×252×230
重量 7.7kg
保冷力(断熱材) 発泡ポリスチレン
+ 3面一体型真空パネル
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

『スペーザ』シリーズの中でもコストパフォーマンスに優れているのが『スペーザ リミテッド キャスター』です。外気温31度の中で、クーラーボックス内の氷が60時間キープすることが可能です。

魚の形に合わせた縦長形状設計により、最大60cmの魚を曲げずにまっすぐ収納が可能です。大人が腰をかけても全く問題ない対荷重設計で、耐久性も抜群。カラーは『リミテッドホワイト』と『ダークグレー』の2色で、かっこいいラインナップとなっています。

シマノ:スペーザ プレミアム キャスター35L

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 592×252×230
重量 7.9kg
保冷力(断熱材) 発泡ポリスチレン+6面真空パネル
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

『スペーザ』シリーズの中で最も値段の高いモデルが『スペーザ プレミアム キャスター』です。外気温31度の中で、クーラーボックス内の氷が65時間キープすることが可能です。

同等レベルの『フィクセル ウルトラ プレミアム』シリーズの保冷力は110時間キープなので、単純に比較すると約半分です。ただ、持ち運びやすさは『スペーザ プレミアム キャスター』の方が優秀なので、保冷力を取るか、機動性を取るかで選ぶと良いです。

ダイワ:ライトトランクα GU 3200

サイズ 容量(L) 32L
内寸(mm) 220×565×245
重量 5.0kg
保冷力(断熱材) 発泡ウレタン
機能性 キャスター ×
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

ダイワから販売されているトランク型クーラーボックスです。32Lサイズで5kgとかなりの軽量化に成功しています。発泡ウレタンを採用していますが保温性も高く96時間キープすることが可能です。

本体も頑丈なので、大人が座っても問題ありません。ロングボディなので中型〜大型のシーバスを入れることができて非常に便利なモデルです。

ダイワ:ライトトランクα ZSS 3200

サイズ 容量(L) 32L
内寸(mm) 220×565×245
重量 6.1kg
保冷力(断熱材) 6面真空パネル+スチロール
機能性 キャスター ×
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

6面を真空パネルで覆っている最強の保冷力を誇るクーラーボックスです。保冷力は脅威の126時間キープ!夏場はもちろん、遠征中車に載せっぱなしでも安心です。

その分値段も高くなりますが、一度買えば買い換える必要はほぼなくなります。機能性も高く使いやすいので、ハイスペックなクーラーボックスが欲しい方におすすめです。

ダイワ:プロバイザートランクHD II S 3500

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 240×550×250
重量 6.2kg
保冷力(断熱材) 発泡スチロール
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

『プロバイザートランクHD II』シリーズは、持ち運びに便利なサイドハンドルとキャスターが付いているタイプのクーラーボックスです。

キャスターは静音タイプを採用しているので、音が出にくくなっています。また、クーラーにぴったりフィットする防水プルーフケースも付属しているので、クーラー内で小物を仕分けることも可能。蓋は丸ごと取り外せるのでメンテナンスもしやすいです。

保冷力は発泡ウレタンなのでキープ力は70時間。とにかく使いやすいクーラーボックスが欲しい方はこのシリーズがおすすめです。

ダイワ:プロバイザートランクHD II GU 3500

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 240×550×250
重量 6.6kg
保冷力(断熱材) 発泡ウレタン
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

機能性が高く扱いやすい『プロバイザートランクHD II』シリーズの中堅タイプ。保冷力は95時間キープしてくれます。真夏日でも短時間釣行なら十分使用できるスペックです。

ダイワ:プロバイザートランクHD II TSS 3500

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 240×550×250
重量 7.3kg
保冷力(断熱材) 3面真空パネル+発報ウレタン
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

『プロバイザートランクHD II』シリーズの中でもトップクラスに保冷力のある『TSS 3500』は、120時間氷をキープしてくれます。真夏日や遠征時に最適なモデルです。

ダイワ:プロバイザートランクHD II ZSS 3500

サイズ 容量(L) 35L
内寸(mm) 240×550×250
重量 7.6kg
保冷力(断熱材) 6面真空パネル+発報ウレタン
機能性 キャスター
ロッドホルダー ×
フタの両開き
水抜き
底面に滑り止めゴム

『プロバイザートランクHD II』シリーズの最高峰が『TSS 3500』。6面真空パネルを採用したモデルで、127時間キープしてくれます。

先ほど紹介した3面真空パネルの『TSS 3500』と比べると7時間の差しかないので、コスパを求めるのであれば、3面真空パネルの『TSS 3500』がおすすめです。

長期遠征や、とにかくハイスペックなモデルが欲しい方は、この製品を検討してみてはいかがでしょう。

まとめ

シーバス クーラーボックス おすすめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、シーバスに最適なクーラーボックスの選び方と、おすすめの製品について詳しく解説してきました。シーバスは鮮度よく持ち替えれば、美味しく食べることができる魚です。

そのためには、釣ったシーバスを締め、クーラーボックスでしっかり冷やす必要があります。クーラーボックスにもさまざまな種類がありますが、30L前後の容量で、発泡ウレタン以上の断熱材が使われていれば、スペックとしては十分です。

あとは予算や自分の釣りスタイルにマッチした製品を、比較検討しながら見つけてください!

関連記事

身近な釣り場で大物が狙える釣りとして人気のシーバス釣り。「今年から始めてみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか? そんなシーバス釣りを始めるにあたって大事なのがタックル(釣具)を揃えること。しかし初心者の方で「何から揃えた[…]

図解で分かるシーバスの仕掛け|全4パターンを必要な釣具もあわせて解説
関連記事

漁港や河川など身近な釣り場で大型の魚を狙うことが魅力のシーバス釣り。今年こそはシーバス釣りを始めたいと言う方も多いのではないでしょうか。 そんなシーバス釣りを始めるためにはタックル(釣具)集めが必要で、中でもシーバスロッド選びは重要で[…]

【厳選】人気シーバスロッドおすすめ18選|初心者でも分かる選び方の基本も解説!
関連記事

身近なフィールドで大型の魚を狙えるシーバス釣は、ソルトルアーフィッシングの中でもかなり人気の釣りです。そんなシーバス釣りでは、使用するタックル(釣具)によって釣りの快適度や釣果が変わってきたりもします。その為、使うタックルは慎重に選ぶ必要が[…]

シーバスリール おすすめ 
関連記事

身近な釣り場で楽しむことができるシーバス釣り。ルアーゲームの中でも人気の釣りなので、今年から始めてみようかな!…と思っている方も多いのではないでしょうか。 そんなシーバス釣りを始めるためにはタックル(釣具)を揃える必要がありますが、中[…]

シーバスにおすすめなPEライン11選|初心者でもわかる選び方と厳選商品をご紹介
関連記事

港湾や河川など身近な釣り場で楽しめるシーバス釣りは、ルアーフィッシングの中でも人気の釣りです。そんなシーバス釣りで必ず必要になるのが『リーダー』です。 ショックリーダーとも呼ばれ、シーバスとのやり取りをする上で非常に重要なアイテムとな[…]

シーバス用ショックリーダーおすすめ10選|太さ(号数)の選び方や長さ結び方も解説
関連記事

シーバス釣りで使用するルアーを交換する時に皆さんはどうしていますか?簡単にルアー交換をするにはスナップは必須なアイテムですが、シーバス釣りでは使う人使わない人といます。 シーバス釣りを始めたい初心者にとっては「どっちがいいの?」…と言[…]

シーバス用スナップおすすめ7選|交換も楽々で超便利!サイズもわかりやすく解説
スポンサーリンク
【最強】シーバスにおすすめなクーラーボックス14選|サイズの選び方も解説
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG