【最強】反則級に釣れるシーバス用ワーム12選!おすすめのソフトルアーをご紹介

シーバスで使用するルアーと言えばプラグ。しかし最近はシーバス人口の増加からプレッシャーの高い釣り場が増えてきており、プラグでは釣れないなんて状況も多くなってきています。プラグだけでは中々喰ってくれない状況を打開してくれるのが『ワーム』です。

喰わせる能力が非常に高く、使い方も『ただ巻き』と比較的簡単なので、初心者の方でも扱いやすいアイテムとなります。そこで今回は、シーバスゲームで反則級に釣れる最強ワームについて詳しく解説していきます!

・シーバスフィシングを始めたい
・実績のあるワームを知りたい
・おすすめのワームを教えて
・初心者でも扱いやすい商品は?

シーバス用のワーム探しでお困りの方や、シーバシ釣り初心者の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

シーバス用のワームについて

シーバス ワーム おすすめ

ミノーやバイブレーションのようなハードルアーは、シーバスフィッシングにおいて非常に有効なアイテムの一つです。しかし、ハイプレッシャー化が進む最近の釣りでは、プラグだけでなくソフトルアー(ワーム)が欠かせないアイテムとなりました。

そんなワームはシーバスシーンでどのような効果があるのか詳しく解説していきます!

2つの特徴

喰わせる能力が高い

シーバス ワーム おすすめ 釣れたシーバス

ソフトルアーに分類されるワームは、柔らかいプラスチック素材でできています。そのため、ハードルアーには出せない自然な動きを表現することが可能です。つまり、シーバスの餌となるベイトフィッシュ(アジ・イワシなど)に似た動きをしてくれるので、シーバスが口を使う可能性が高くなる特徴があります。

アピール力は高くない

シーバス ワーム おすすめ 釣れたシーバス

ワームにはハードルアー(ベイブレーションなど)に比べ、波動を発生させる能力は高くありません。そのため、魚へのアピール力はさほど高くないという特徴があります。ベイトが多い状況や、アングラーが多い激戦区では、アピール力の高いハードプラグを選ぶようにしましょう。

関連記事

シーバスフィッシングで定番のミノーですが、中でも水に浮く『フローティングミノー』は人気の高いルアーの一つです。そんなフローティングミノーですが、「シーバス用に買いたいけどどれを選んだらいいの?」…とお悩みの方は多いのではないでしょうか。特に[…]

いかがでしたでしょうか。 今回は、シーバスにおすすめなフローティングミノーの紹介や使い方など詳しく解説してきました。シーバスフィッシングにおいてフローティングミノーは必要不可欠なルアーの一つです。上級者はもちろん、初心者の方も根掛かりを極端に減らすことができるので超おすすめのルアーになります。 トラブルレスでシーバス釣りを楽しみたい方は、ぜひ今回紹介してきたフローティングミノーの中から気に入った諸品を選んで使ってみてください!
関連記事

シーバスフィッシングで定番のルアーと言えば『ミノー』。中でも潜ったレンジをほぼキープした状態で泳げる『フローティングミノー』は人気の高いルアーの一つです。そんなシンキングミノーを「シーバス用に買いたいけどどれを選んだらいいの?」…とお悩みの[…]

【最強】シーバス用おすすめシンキングミノー8選!実績のあるミノーを厳選して紹介
スポンサーリンク

4つのメリット

  1. スレた個体が狙える
  2. 連続ヒットも狙える
  3. バラシが軽減
  4. 初心者でも釣りやすい

スレた個体が狙える

シーバス ワーム おすすめ 泳ぐシーバス

『アピール力が高くない』というワームの特徴はデメリットだけではありません。むしろそこがワームの強みでもあります。ワームはプラグのような強い波動を発生させないので、ナチュラルに水中を漂わせることが可能です。そのため、スレてしまったシーバスのバイトを誘うことが可能になります。

連続ヒットも狙える

シーバス ワーム おすすめ 連続で釣れる

スレに強いワームは、シーバスの連続HITを狙うことも可能です。ワームですれた場合はアクションを変えるだけで、また興味を示すパターンも多いです。

バラシが軽減

シーバス ワーム おすすめ フッキング

柔らかい素材のワームは、シーバスの口に吸い込まれやすいメリットがあります。吸い込みが深くなることで、フッキング率が上がるので、バラシが軽減される傾向にあります。特にエラ洗いによって強く抵抗する個体には、よりその恩恵を感じることができるでしょう。

初心者でも釣りやすい

シーバス ワーム おすすめ 初心者

初心者にとって大事なのは、まず1匹を釣ること。そのために必要な要素は沢山ありますが、ワームなら多くの要素をカバーしてくれます。まず、アクションは基本『ただ巻き』でOK。また、ワームの種類によっては『匂い・味』の成分が練り込まれているので、シーバスが釣れやすい要素がかなり揃っていると言えます。

釣猿
ワームはスレた個体にめっぽう強い!
釣猿2号
ハードルアーにはない魅力がワームにはあるんだね!

シーバス用ワームの選び方

シーバス用のワームには様々な種類があります。ワームなら「どれでもいい」という訳ではないので、おすすめの選び方について解説していきます!

① 単体 or セット

シーバス ワーム おすすめ セット販売かワーム単体で購入するか

まずは、『ワーム単体』か『セット販売』かどうかを決めましょう。

初心者の方には『セット販売』の商品がおすすめ。ジグヘッドのサイズや重さ選びをする手間がなく、セッティングに悩まされることがありません。よほどこだわりがなければ、最初は『セット販売』のタイプがおすすめです。

一方『ワーム単体』は、ジグヘッドのウェイト(重さ)が自由に変えれたり、釣り場や状況に合わせた組み合わせができるメリットがあります。選択肢の幅が広いのは『ワーム単体』なので、シーバスフィシングに慣れてきたら検討してみるのがおすすめです。

釣猿
最小は『セット売り』の方が楽だね!
釣猿2号
超釣れるハイブリッドルアーもあるからあとで紹介するね!

② サイズ

シーバス ワーム おすすめ サイズ

基本的にワームのサイズはベイトフィッシュのサイズに合わせるのが一般的です。釣り場や季節によってベイトフィッシュのサイズは違うので、釣り場でよく観察することも重要です。

シーバス用のワームは、3〜4in(インチ)のラインナップが多めです。さまざまなサイズを用意しておくことに越したことはありませんが、最初に購入するのであれば、3〜3.5in(インチ)程度を目安に選ぶと良いでしょう。

関連記事

シーバスを仕事終わりに少し楽しむ…そんな忙しい方にもぴったりな釣りでもあるシーバス釣り。手軽に楽しめることで人気の高い釣りのひとつです。 そんなシーバス釣りですが、始めるとしたらどの季節が良いかご存知ですか?比較的1年中楽しめる釣りで[…]

【基礎】シーバスの釣れる時期|おすすめのシーズンとその攻略法を徹底解説!

③ カラー

シーバス ワーム おすすめ カラーバリエーション

カラー選びは非常に難しいところ。ワームのカラーにはかなりの数があり、ベイトや潮の色に合わせてチョイスする必要があります。釣れやすさを求めるのであれば、定番の『クリア系・ナチュラル系』は外せません。常夜灯周りのナイトゲームや、デイゲーム、澄み潮でも使用できる万能カラーなので、初心者の方は『クリア系・ナチュラル系』を用意しておく事をお勧めします。

関連記事

「今年からシーバス釣りを始めたい!」…と思っているアングラーは結構多いもの。しかし、どんなポイントを狙ったらいいのか分からず困っている初心者の方もいるのではないでしょうか。シーバス釣はポイント探しが非常に重要で、ポイントの見つけ方を知ってお[…]

シーバスが釣れるポイント(場所)5選!初心者でもわかる釣り場選びの極意とは!?

④ テールの形状

シーバス ワーム おすすめ テール部分

ワームのテール部分(尻尾)の形状は様々ありますが、基本的には『シャッドテール』か『ピンテール(ストレート)』から選べば問題ありません。

シャッドテール

「シーバスの活性は高いけどプラグには全く反応しない」…そんな時はシャッドテールの出番です。ベイトフィッシュの様な泳ぎを見せながらテールの強い振動でシーバスの捕食スイッチを入れることができます。テール部分が、パドルや扇のように水を受ける形状になっているのが特徴です。

ピンテール

シーバスの活性が低い時はプレッシャーを与えにくいピンテールが効果的です。アピール力が高くないので、よりナチュラルに攻めることが可能です。

【最強】反則級に釣れるシーバスワーム(セット)

シーバス ワーム おすすめ セット販売おすすめ商品

コアマン:VJ-16 バイブレーションジグヘッド

カラー 全22色
おすすめカラー パールホワイト
サイズ 90mm
自重 16g
その他ラインナップ 16g 18g 28g

初心者に超おすすめの、最強と名高いバイブレーションジグヘッドです。多くのシーバスアングラーが『最強』と声をそろえるのがコアマンから販売されている『VJ』シリーズ。シーバス用ワームの王道となったVJですが、一つだけ難点があります。それは人気すぎて買えないこと。店舗で入荷されてもすぐになくなるほどの人気っぷりなので、もし釣具屋やネットで見つけたら即買いをおすすめするほど。

初心者の方でも安定して釣ることができるのでおすすめです。

ブルーブルー:ジョルティ

カラー 全20色
おすすめカラー キラキラシラス/アカキン
サイズ 4in
自重 15g
その他ラインナップ 15g 22g 30g

BLUE BLUE(ブルーブルー)から販売されている『ジョルティ』は”もはやエサ”と言われるほど釣れる最強ワームのひとつです。重心バランスを徹底的に追求することにより、誰が投げても飛距離が出せるワームに仕上がっています。また、ワーム素材が比較的硬いので、長持ちする特徴があります。

ただ巻きでも釣れますし、ストップ&ゴーや、リフト&フォールも有効です。先ほど紹介したコアマンのVJと同じく中々手に入りにくいルアーですが、裏を返すとそれほど”釣れる”ワームということなので、ぜひ初心者の方はこのワームを探してみてください!

ブルーブルー:ジョルティ ミニ

カラー 全12色
おすすめカラー キラキラシラス/アカキン
サイズ 3in
自重 8g
その他ラインナップ 8g 14g

同じくブルーブルーのジョルティシリーズのミニサイズ(3インチ)もおすすめ。特に喰わせ性能が高いので、最初に買うならミニがおすすめです。オリジナルと同じく人気商品なので、見かけたら即買いしても良いレベルのルアーです。

ダイワ:モアザン シーバスロデム

カラー 全18色
おすすめカラー ケイムラレッドヘッド
サイズ 2.8in
自重 14g
その他ラインナップ 14g 18g TG(タングステン)30g

ダイワから販売されている、シーバス専用ブランドのリアル志向のワームです。フラットジャンキーシリーズの定番『ロデム』をシーバス専用に設計したモデル。テール部分の微振動アクションで喰い渋っている個体に口を使わせます。

タングステンモデル(TG30)は水深の深いエリアや潮流の早いポイント、遠投したい時に便利なので、ぜひそちらも検討してみてください。

ダイワ:モアザン シーバスロデム ミニ

ダイワ(DAIWA) モアザン シーバスロデム ミニ 10g

ダイワ(DAIWA) モアザン シーバスロデム ミニ 10g

862円(06/24 01:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
カラー 全12色
おすすめカラー イナッ子
サイズ 2.7in
自重 7g
その他ラインナップ 7g 10g

腰のあたりが曲がっているのが特徴的な、ダイワ販売のシーバス専用のリアルシャッドワームセットです。コンパクトサイズで自重も軽く、食い渋るシーバスや、ハクパターンのようなマイクロベイトを捕食しているシーバスに効果的です。ただ巻きでは小魚のような波動を発生させ、ジャークすれば左右にダートしワインド釣法も可能になります。

デュオ:ビーチウォーカー ハウル

カラー 全13色
おすすめカラー チャライワシ/パールホワイトS
サイズ 4in
自重 14g
その他ラインナップ 14g 21g 27g 31g

ヒラメゲームで人気の『ビーチウォーカーハウル』は、シーバスゲームでも人気の商品です。特にヒラメビギナーのエントリーモデルとして絶大な支持を集めたシリーズで、発売以来多くの実績を重ねています。もちろんシーバスフィッシングでも同じことが言え、サーフ(砂浜)で使用するのに最適なワームと言えます。サーフ用の設計なので、圧倒的な飛距離を出すことができ、他のアングラーが届かないポイントへ投げることができるのも大きな魅力です。

【最強】反則級に釣れるシーバスワーム(単体)

シーバス ワーム おすすめ ワーム単体おすすめ商品

コアマン:アルカリ

カラー 全15色
おすすめカラー シラス
サイズ 70mm
その他ラインナップ 60mm 70mm 83mm

シーバス専用ワームとして人気の高いコアマンの『アルカリ』。ただ巻きだけで釣れる最強ワームの一つです。ワームの中ではアピール力が高く、デイゲームでプラム感覚で使用できます。

マーズ:R-32

MARS(マーズ) ワーム ルアー R-32 PH-GL (ヒルクライム)

MARS(マーズ) ワーム ルアー R-32 PH-GL (ヒルクライム)

682円(06/24 01:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
カラー 全28色
おすすめカラー シラス
サイズ 3.2in
その他ラインナップ

シーバス専用ワームの先駆けとなった『R-32(通称:サンニー)』は、シーバスゲームの超定番ワームのひとつです。カタクチイワシそのものの波動を生み出す超ナチュラル動きは、あらゆるルアーにスレきったシーバスも難なくバイトに持ち込むことが可能です。何をやっても釣れない状況に追い込まれた時は、最後の切り札として使用するのをおすすめする、そんな定番ワームです。

ダイワ:モアザン ミドルアッパー

カラー 全20色
おすすめカラー 銀粉ハク
サイズ 3.5in
その他ラインナップ 2.5in 3.5in 4.2in

シーバス用ワーム形状としてはド定番のストレートワームです。ナチュラルなフォルムで、ただ巻きではテール部分が微振動させて泳ぐため、スレてしまったシーバスに効果的です。ワームの硬さもちょうど良く、耐久性にも優れているのがポイント。誰もが使いやすいワームなので、初心者の方にもおすすめです。

カラー 全9色
おすすめカラー ドットグロー赤ラメ
サイズ 60mm
その他ラインナップ

本物のバチそっくりに製作されたワームです。リアリティを追及したフォルムでシーバスの食性にガツンとマッチし、春のバチ抜けシーズンに最適です。高浮力ボディなので、底でのステイ時にテールがユラユラと誘ってくれるのもGood。水面で反応がなければ中層を漂わせるのも効果的です。

エコギア:グラスミノー M

カラー 全38色
おすすめカラー 北陸クリアホロ
サイズ 64mm
その他ラインナップ 28mm 42mm 64mm 85mm

世界的に絶大な信頼を寄せるシャッドテールの傑作が『グラスミノー』シリーズ。セイゴクラスにはめちゃめちゃ効き、マイクロベイトパターンの攻略に最適なワームです。テールが水流を受けることで極めてベイトフィッシュライクなバイブレーションを発生。カラーバリエーションが豊富な点と、ほとんどの釣具屋に置いてある事が大きな魅力です。

エコギア:パワーシャッド

カラー 全32色
おすすめカラー 北陸クリアホロ
サイズ 4in
その他ラインナップ 4in 5in 6in

フィッシュイーターなら思わず口を使いたくなる捕食本能を強烈に刺激するシャッドテールのワームです。逆三角形にデザインされたテールと、張りの強い硬めのマテリアルが生み出す圧倒的波動が、ボディを揺さぶり力強いアクションを発生させてくれます。身切れしにくいハード素材を採用しているのも嬉しいポイントです。

まとめ|ワームは使い所が重要

シーバス ワーム おすすめ 釣れたシーバス

いかがでしたでしたでしょうか。

今回は、シーバスゲームで反則級に釣れる最強ワームについて解説してきました。

シーバスはルアーに反応する個体、反応しない個体といます。そのため、いくら釣れるルアーを使い続けても釣れないなんて事がザラにあります。それは、ハードルアーでもワームでも同じ。大切なのは、その時々で有効なルアーを見極めローテーションしていく事です。

そのローテーションの中には、やっぱりワームは必要ですし、せっかくなら釣れるワームを選んでください。今回紹介してきた12種類の商品は、どれも実績が高く人気の商品ばかりです。初心者の方はこの中から選べば間違いありません!ぜひ自分に合ったワームを選んで、もっとシーバスフィッシングを楽しんでください!

関連記事

身近な釣り場で大物が狙える釣りとして人気のシーバス釣り。「今年から始めてみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか? そんなシーバス釣りを始めるにあたって大事なのがタックル(釣具)を揃えること。しかし初心者の方で「何から揃えた[…]

図解で分かるシーバスの仕掛け|全4パターンを必要な釣具もあわせて解説
関連記事

漁港や河川など身近な釣り場で大型の魚を狙うことが魅力のシーバス釣り。今年こそはシーバス釣りを始めたいと言う方も多いのではないでしょうか。 そんなシーバス釣りを始めるためにはタックル(釣具)集めが必要で、中でもシーバスロッド選びは重要で[…]

【厳選】人気シーバスロッドおすすめ18選|初心者でも分かる選び方の基本も解説!
関連記事

身近なフィールドで大型の魚を狙えるシーバス釣は、ソルトルアーフィッシングの中でもかなり人気の釣りです。そんなシーバス釣りでは、使用するタックル(釣具)によって釣りの快適度や釣果が変わってきたりもします。その為、使うタックルは慎重に選ぶ必要が[…]

シーバスリール おすすめ 
関連記事

身近な釣り場で楽しむことができるシーバス釣り。ルアーゲームの中でも人気の釣りなので、今年から始めてみようかな!…と思っている方も多いのではないでしょうか。 そんなシーバス釣りを始めるためにはタックル(釣具)を揃える必要がありますが、中[…]

シーバスにおすすめなPEライン11選|初心者でもわかる選び方と厳選商品をご紹介
関連記事

港湾や河川など身近な釣り場で楽しめるシーバス釣りは、ルアーフィッシングの中でも人気の釣りです。そんなシーバス釣りで必ず必要になるのが『リーダー』です。 ショックリーダーとも呼ばれ、シーバスとのやり取りをする上で非常に重要なアイテムとな[…]

シーバス用ショックリーダーおすすめ10選|太さ(号数)の選び方や長さ結び方も解説
関連記事

シーバス釣りで使用するルアーを交換する時に皆さんはどうしていますか?簡単にルアー交換をするにはスナップは必須なアイテムですが、シーバス釣りでは使う人使わない人といます。 シーバス釣りを始めたい初心者にとっては「どっちがいいの?」…と言[…]

シーバス用スナップおすすめ7選|交換も楽々で超便利!サイズもわかりやすく解説
スポンサーリンク
【最強】反則級に釣れるシーバス用ワーム12選!おすすめのソフトルアーをご紹介
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG