シマノの『エクスセンス』リール全5機種を徹底解説!コスパ最強モデルはこれだっ!

シマノから販売されている『EXSENCE(エクスセンス)』シリーズは、シーバス専用にチューニングされたモデルです。そんなエクスセンスからは、スピニングリール(3機種)とベイトリール(2機種)がリリースされています。

どれもシーバスゲームを有利にするために開発されたモデルなので、「違いがわからない!」…というアングラー(釣り人)も意外と多いです。そこで今回は、シーバスゲームに人気の『エクスセンス』シリーズのリール全5機種の特徴を詳しく解説していきます!

・エクスセンスのリールが欲しい
・スペックを比較したい
・どんなモデルがあるの?
・特徴を詳しく知りたい

どのエクスセンスのリールを買うか迷っている方や、違いを比較検討したい方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

シマノの『エクスセンス』とは

シマノ エクスセンスとは
出典:SHIMANO

シマノの『エクスセンス』シリーズとは、シーバス専門に設計・開発されたブランドで、ロッド・リール・ルアー・ラインなどがリリースされています。

ロッドはシーバス専用機種のフラグシップモデルとして販売されていますが、リールは低価格帯〜高価格帯まで幅広く展開。そのため、初心者から上級者まで熟練度や欲しいスペックに合わせてグレードを選択できるのが特徴になっています。

フラッグシップ機とは、企業の商品群の中で最も優れた主力モデルを指します。通常は最高価格や最高級の製品が多いです。
関連記事

今も昔も大人気のアウトドアといえば釣り! エギングやジギング、サビキ、ウキ釣りなどの海釣りだけでなく、渓流で鮎釣りなどの淡水での釣り等々様々なジャンルがあります。 そんな釣りを楽しむ上で欠かせない釣具といえば釣竿(ロッド)ですよ[…]

【釣り】価格の高い釣竿は何がいい?価格の違いで何が変わるのか徹底解説!

エクスセンスのリール全5種

現時点ではエクスセンスシリーズからは全5種のモデルが販売されています。内訳としては、スピニングリールが3機種、ベイトリールが2機種ラインナップされています。

それぞれ特徴があるので、自分にマッチしたモデル・機種を探してみてください!

モデル 特徴 価格帯
エクスセンスBB 2024年登場のコスパ最強スピニングリール。シーバスを始めるならこの機種が最適
自重は重め
20,400円~21,400円
エクスセンスXR スペックはほぼ『エクスセンス』と同等。シリーズの中で一番人気のモデル。
自重は軽め
41,000円~43,200円
エクスセンス シリーズの最高峰モデル。剛性と軽量のバランスが最も良い。
自重は軽め
66,800円~69,000円
エクスセンスDC SS シーバス専用ベイトリール
バックラッシュしにくく初めてのベイトに最適なモデル
43,200円
エクスセンスDC
シーバス用ベイトリールの最高峰。
シーバス以外にも幅広く使用できる万能モデル
83,400円

① エクスセンスBB

エクスセンスBBの概要

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスBB
出典:SHIMANO

エクスセンスシリーズの入門機として位置付けられている『エクスセンスBB』は、1万円台で購入できスペックも申し分ないモデルです。2020年に登場した『エクスセンスBB』は、2024年に正統進化してリニューアル。ボディにシマノの独自素材『CI4+』を採用したことで最大15gの軽量化に成功しています。

巻き心地も滑らかになり、入門機としてはコスパの高い仕上がりになっています。

スポンサーリンク

エクスセンスBBの特徴

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスBB
出典:SHIMANO

『24エクスセンスBB』は、『旧エクスセンスBB』にはなかった、『マイクロモジュールギアⅡ』や『サイレントドライブ』『ロングストロークスプール』などの技術を搭載したことで、『巻きの滑らかさ・静寂性・飛距離UP』と大幅に性能が向上。それにより、上位機種である『21エクスセンス』や『23エクスセンスXR』に非常に近いスペックとなりました。

重さ自体は上位機種の方が圧倒的に軽いですが、スペックだけをみたらほぼ同じ。それで1万円台で購入できるので、初心者はもちろん中〜上級者のサブ機としても使用できるかなりおすすめのモデルです。

機構 21エクスセンス 23エクスセンスXR 24エクスセンスBB
HAGANEボディ ●(Mg) ー(CI4+) ー(CI4+)
マイクロ
モジュールギアⅡ
Xプロテクト
ロングス
トロークススプール
サイレントドライブ
リジッド
サポートドラグ
ラピッド
ファイヤドラグ
自重(4000MXG) 220g 225g 265g
ベアリング数 11/1 9/1 5/1

エクスセンスBBのスペック

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスBB
出典:SHIMANO
品番 ギア比 自重 最大
ドラグ力
標準糸巻量
ナイロン PE
C3000MHG 6.0 225 g 9kg 1.5-165
1.7-150
2-130
1-190
1.2-150
1.5-120
3000MHG 5.8 240g 9kg 1.5-165
1.7-150
2-130
1-190
1.2-150
1.5-120
4000MHG 5.8 265 g 11kg 2.5-160
3-120
4-90
1.2-250
1.5-200
2-150
4000MXG 6.2 265g 11kg 2.5-160
3-120
4-90
1.2-250
1.5-200
2-150

エクスセンスBBおすすめモデル

エクスセンスBBには4種類の機種がラインナップされています。それぞれ釣り場の状況や、どんな釣り方をするのかで番手が設定されていますが、初心者の方がまず最初に手にしていただきたいのは『3000MHG』。シーバスフィッシングで必要とされるスペックの中間的存在で、汎用性が高いのが特徴!この4機種から万能の番手を選びたいのであれば、迷わず『3000MHG』をお勧めします!

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 24 エクスセンスBB 3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 24 エクスセンスBB 3000MHG

17,988円(04/20 09:09時点)
Amazonの情報を掲載しています
釣猿
シーバス用のリールを探すのが初めての方は、この記事も参考になるよ!
釣猿2号
リール選びの基本を紹介しているから判断材料の一つとして活用してね!
関連記事

身近なフィールドで大型の魚を狙えるシーバス釣は、ソルトルアーフィッシングの中でもかなり人気の釣りです。そんなシーバス釣りでは、使用するタックル(釣具)によって釣りの快適度や釣果が変わってきたりもします。その為、使うタックルは慎重に選ぶ必要が[…]

シーバスリール おすすめ 

② エクスセンスXR

エクスセンスXRの概要

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスXR
出典:SHIMANO

2023年に『エクスセンス』シリーズの中堅機として登場した『エクスセンスXR』。2018年に発売された『エクスセンスCI4+』の後継機種として、内部の機能性やデザインをさらに洗練し、中堅機に相応しい機種へとグレードアップしました。

最上位機種である『エクスセンス』との違いは『ボディ素材・自重・ベアリング数・デザイン』の4つだけ!自重も5gしか変わらないので、エクスセンスシリーズのスピニングモデル(3機種)を総合的にみたら、最もコストパフォーマンスに優れた機種になります。ちなみに3機種の中で一番人気なのも『エクスセンスXR』です。

エクスセンスXRの特徴

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスXR
出典:SHIMANO

全モデルである『18エクスセンスCI4+』と比べ、『マイクロモジュールギアⅡ』や『サイレントドライブ』『ロングストロークスプール』などの技術が新たに追加。さらに自重も20gも軽量化された事で、長時間の釣行でも疲労感が少なくなりました。ドラグ性能も良く、繊細さが求められる状況ははもちろん、大物狙いの釣りにもしっかりと対応してくれるリールに仕上がっています。

スペックは『エクスセンス』とほぼ同じで、自重も軽いのでコスパ最強のモデルを選びたいのであれば『エクスセンスXR』一択です!

機構 21エクスセンス 23エクスセンスXR 24エクスセンスBB
HAGANEボディ ●(Mg) ー(CI4+) ー(CI4+)
マイクロ
モジュールギアⅡ
Xプロテクト
ロングス
トロークススプール
サイレントドライブ
リジッド
サポートドラグ
ラピッド
ファイヤドラグ
自重(4000MXG) 220g 225g 265g
ベアリング数 11/1 9/1 5/1

エクスセンスXRのスペック

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスXR
出典:SHIMANO
品番 ギア比 自重 最大
ドラグ力
標準糸巻量
ナイロン PE
C3000M 5.3 185g 9kg 8-130
10-110
12-85
0.8-235
1-190
1.2-150
C3000MHG 6 185g 9kg 8-130
10-110
12-85
0.8-235
1-190
1.2-150
3000MHG 5.8 200g 9kg 8-130
10-110
12-85
0.8-235
1-190
1.2-150
4000MXG 6.2 225g 11kg 10-160
12-120
16-90
1.2-250
1.5-200
2-150

エクスセンスXRおすすめモデル

コスパ最強機種である『エクスセンスXR』からのラインナップは4種類。中でも汎用性が高く一番人気のある番手が『3000MHG』。ランカーシーバスなど大型を狙いたい方や太いラインを巻きたい方は『4000MXG』もおすすめですよ!

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 エクスセンス XR 3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 エクスセンス XR 3000MHG

25,190円(04/19 22:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
釣猿
最上位機種にも迫るスペック!
釣猿2号
おまけに軽い!これは人気なわけだw

③ エクスセンス

エクスセンスの概要

シマノ エクスセンス おすすめ 21エクスセンス インプレ
出典:SHIMANO

汎用型スピニングリール『ヴァンキッシュ』をシーバス専用機としてブラッシュアップして作られたのが『21エクスセンス』。シーバスゲームに求められる強さと繊細さを絶妙なバランスで両立した『エクスセンス』シリーズのハイエンドモデルになります。

エクスセンスの特徴

シマノ エクスセンス おすすめ 21エクスセンス インプレ
出典:SHIMANO

2021年に登場したモデルという事で、スペックは下位機種とほぼ同じに。「何が違うの?」…と思うかもしれませんが、根本的に違うのは『ボディ素材』です。『HAGANEボディ』と呼ばれる軽量かつ剛性の高いマグネシウムをボディ素材に使う事で、リールのたわみや歪み、ネジレをしっかり抑制してくれます。

トップアングラーがシーバスゲームで求めるリールのスペックは、強度と軽量性。そのバランスが最も取れている機種が『エクスセンス』なのです!ちなみに強度と重量は、汎用機種である『ツインパワー』と『ヴァンキッシュ』の中間あたりに位置しています。まさにシーバスに最適なスペックと言えます。

機構 21エクスセンス 23エクスセンスXR 24エクスセンスBB
HAGANEボディ ●(Mg) ー(CI4+) ー(CI4+)
マイクロ
モジュールギアⅡ
Xプロテクト
ロングス
トロークススプール
サイレントドライブ
リジッド
サポートドラグ
ラピッド
ファイヤドラグ
自重(4000MXG) 220g 225g 265g
ベアリング数 11/1 9/1 5/1

エクスセンスのスペック

シマノ エクスセンス おすすめ 21エクスセンス インプレ
出典:SHIMANO
品番 ギア比 自重 最大
ドラグ力
標準糸巻量
ナイロン PE
C3000MHG 6 180g 9kg 8-130
10-110
12-85
0.8-300
1-220
1.2-150
C3000M 5.3 180g 9kg 8-130
10-110
12-85
0.8-300
1-220
1.2-150
3000MHG 5.8 195g 9kg 8-130
10-110
12-85
0.8-300
1-220
1.2-150
4000MXG 6.2 220g 11kg 10-160
12-120
16-90
1.2-250
1.5-200
2-150

エクスセンスおすすめモデル

最上位機種である『エクスセンス』は価格も高めなので、購入する際はより慎重になると思います。『エクスセンス』を購入するアングラーは中〜上級者が多いと思うので、これまでの経験から好みの番手を選択するのがベストでしょう。

3000MHG』を基準にコンパクトボディを選ぶのか、ノーマルギアにするのか、ランカー用にするのか選択してください!

釣猿
エクスセンスは剛性と軽量のバランスが最高なんだよなぁ
釣猿2号
ベアリング数も多いから、滑らかな巻き心地で、フラッグシップに相応しい仕上がりになっているね!
釣猿
タックル選びに妥協したくない方は『エクスセンス』で決まりだね!

④ エクスセンスDC SS

エクスセンスDC SSの概要

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスDC SS
出典:SHIMANO

ベイトスタイルのシーバスゲームを楽しみたい方は、中級機種である『エクスセンスDC SS』がおすすめです。海外モデルの『クラドDC』をベースにシーバス専用に設計されたモデルで、シンプルなダイヤル設定なので、難しい操作が一切必要ありません。DC(デジタルコントロール)ブレーキが搭載されているので、ベイトタックル特有のバックラッシュを防いでくれます。

バックラッシュとは、主にベイトリールで発生するライントラブルのこと。キャスト時にさまざまな要因で起こる糸絡みの総称です。

エクスセンスDC SSの特徴

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスDC SS
出典:SHIMANO

『エクスセンスDC SS』の1番の特徴は、シンプルなDCブレーキシステムである『I-DC4』エクスセンスチューンが搭載されている事です。ブレーキダイアルは4 段階のみのシンプルなシステム。ワンタッチでブレーキ調整ができるのが大きな強みです。

  1. ブレーキモード1:PE 遠投用
  2. ブレーキモード2:PE 標準
  3. ブレーキモード3:PE ナイト、強風
  4. ブレーキモードF:フロロ 標準

PEラインの使用が前提のシステムですが、難しいことは考えずモード1が一番弱いブレーキで、モードFになれば強いブレーキと判断して問題ありません。初心者の方でも扱いやすいよう設定されているので、ベイトリールに慣れていない方にもおすすめです!

エクスセンスDC SSのスペック

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスDC SS
出典:SHIMANO
品番 ギア比 自重 最大
ドラグ力
標準糸巻量
フロロ PE
HG RIGHT 7.4 220g 5kg 12-130
14-95
16-85
1-365
1.5-255
2-180
HG LEFT 7.4 220g 5kg 12-130
14-95
16-85
1-365
1.5-255
2-180
XG RIGHT 8.5 225g 5kg 12-130
14-95
16-85
1-365
1.5-255
2-180
XG LEFT 8.5 225g 5kg 12-130
14-95
16-85
1-365
1.5-255
2-180

エクスセンスDC SSおすすめモデル

『エクスセンスDC SS』は『ハイギアorエクストラハイギア』のどちらかを選び、その上で『右巻き or 左巻き』かを選びます。初心者の方は「どれを選ぶべき?」と悩まれるかもしれませんが、人気なのは『XG RIGHT』。ハンドルの位置は、基本的に右利きなら右ハンドル、左利きなら左ハンドルを選択することをおすすめします。

ベイトリールを探すのが初めての方は、この記事も参考になるよ!
釣猿2号
ベイトリールはどう選ぶべきかの基本を紹介しているから判断材料の一つとして活用してね!
関連記事

シーバスフィッシングにおいて使用されているタックルはスプイニングリールが主体です。しかし、最近ではベイトタックルを使ってシーバスを狙うアングラーも増えてきています。この記事を見ているあなたも、きっとベイトタックルを使ってシーバスを釣りたいは[…]

【最新】シーバスにおすすめなベイトリール10選!コスパ最強リールを徹底解説

⑤ エクスセンスDC

エクスセンスDCの概要

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスDC
出典:SHIMANO

シーバス用ベイトリールの最高峰として君臨する『エクスセンスDC』。シーバスはもちろん、フラットフィッシュやロックフィッシュなど様々な釣りで兼用できる万能ベイトリールです。人気ベイトリール『アンタレス』をベースにPEライン特化のベイトリールとして誕生したのが『エクスセンスDC』です。

エクスセンスDCの特徴

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスDC
出典:SHIMANO

『エクスセンスDC』一番の特徴は、シーバス専用にチューニングされたブレーキ性能『 4×8 DC EXSENCE TUNE』。このおかげで、ブレーキを緻密にコントロールし飛距離を犠牲にすることなく高切れやバックラッシュを防いでくれます。

これまで以上にPEラインでのキャストが安心してでき、軽い力で伸びのある飛距離を出すことができます。ブレーキの精度もこれまで以上に高まっているのもポイントで、設定を大きく変更せずとも、軽いルアーから重ためのルアーまでバックラッシュを防いでくれるので使いやすいのも大きな魅力です。

エクスセンスDCのスペック

シマノ エクスセンス おすすめ エクスセンスDC
出典:SHIMANO
品番 ギア比 自重 最大
ドラグ力
標準糸巻量
フロロ PE
XG RIGHT 7.8 230g 5kg 12-130
14-95
16-85
1-365
1.5-255
2-180
XG LEFT 7.8 230g 5kg 12-130
14-95
16-85
1-365
1.5-255
2-180

エクスセンスDCおすすめモデル

『エクスセンスDC』からは、エクストラハイギアのみのラインナップとなっています。そのため選択するのは右ハンドルか左ハンドルかの2択。ご自身のスタイルに合わせて選択してください!

まとめ

シマノ エクスセンス おすすめ
出典:SHIMANO

いかがでしたでしょうか。

今回はSHIMANO(シマノ)から販売されているシーバスゲームに人気のシリーズ、『エクスセンス』のリール全5機種の特徴を詳しく解説してきました。

シーバス専用機種としてチューニングされた『エクスセンス』のリールの中でも飛び抜けてコストパフォーマンスが良いのは『エクスセンスXR』!『価格・スペック・軽量性』の3点を比較すると一番売れている理由が明白。もちろん最上位機種の『エクスセンス』は価格に見合う性能を持ち、入門機である『エクスセンスBB』はお値段以上のスペックとなっています。

ベイトリールでは、ベイト初心者が扱いやすい『エクスセンスDC SS』から、一切の妥協がない『エクスセンスDC』がリリース。

シーバスゲームを本格的に楽しみたいのであれば、『エクスセンス』シリーズから選べば間違いありません

関連記事

身近なフィールドで大型の魚を狙えるシーバス釣は、ソルトルアーフィッシングの中でもかなり人気の釣りです。そんなシーバス釣りでは、使用するタックル(釣具)によって釣りの快適度や釣果が変わってきたりもします。その為、使うタックルは慎重に選ぶ必要が[…]

シーバスリール おすすめ 
関連記事

シーバスフィッシングにおいて使用されているタックルはスプイニングリールが主体です。しかし、最近ではベイトタックルを使ってシーバスを狙うアングラーも増えてきています。この記事を見ているあなたも、きっとベイトタックルを使ってシーバスを釣りたいは[…]

【最新】シーバスにおすすめなベイトリール10選!コスパ最強リールを徹底解説
関連記事

ダイワのシーバス専門ブランドといえば『morethan(モアザン)』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 シーバス用タックルのフラッグシップモデル(最高機種)としても名高い『モアザン』は、多くのシーバスアングラーに支持されてい[…]

ダイワ モアザン リール おすすめ ダイワの『モアザン』リール全3機種を徹底インプレ|最強のシーバスリールはこれだ
スポンサーリンク
シマノの『エクスセンス』リール全5機種を徹底解説!最上級モデルで釣りを楽しめ!
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG