ダイワの『モアザン』リール全3機種を徹底インプレ|最強のシーバスリールはこれだ!

ダイワのシーバス専門ブランドといえば『morethan(モアザン)』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

シーバス用タックルのフラッグシップモデル(最高機種)としても名高い『モアザン』は、多くのシーバスアングラーに支持されている人気のシリーズです。そんな『モアザン』からリリースされているシーバス用のリールはどれも一流で、シーバスを極めたい方にはもってこい!そこで今回は、ダイワのハイエンドモデル『モアザン』シリーズのリール全3機種を徹底解説していきます!

・モアザンのリールが欲しい
・スペックを比較したい
・どんなモデルがあるの?
・どんなリールがるのか知りたい

モアザンのリールを買おうか迷っている方や、どの番手にしようか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ダイワ『モアザン』シリーズとは

ダイワ モアザン ロッド おすすめ
出典:DAIWA

ダイワの『モアザン』シリーズとは、シーバス専門に設計・開発されたブランドで、ロッド・リール・ルアー・ライン・ウェーディングネットなどがリリースされています。「これ以上無い(no more than)」をコンセプトに品質の高い物作りが特徴です。特にロッドとリールはシーバス専用機種のフラグシップモデルにあたります。

フラッグシップ機とは、企業の商品群の中で最も優れた主力モデルを指します。通常は最高価格や最高級の製品が多いです。
関連記事

大手釣具メーカーであるDAIWA(ダイワ)には、シーバス専門ブランドとして『morethan(モアザン)』が非常に人気です。 『モアザン』は日本のシーバスゲームの創生期から先陣を切って釣りを開拓してきたブランドで、今なお進化し続けてい[…]

ダイワ モアザン ロッド おすすめ 【最新】ダイワの『モアザン』ロッド全機種を徹底解説|絶対後悔しない至高のロッド
関連記事

大きな魚体で強い引きが魅力のシーバスフィッシングは、ルアーゲームの中でも特に人気の釣りです。そんなシーバスが釣れた際に、安全に回収するためには『ランディングネット(タモ網)』が必要不可欠!フックが外れやすいシーバス釣りでは必須アイテムと言っ[…]

シーバス ランディングネット タモ網 シーバス用ランディングネットおすすめ14選|選び方と厳選したタモ網をご紹介

モアザンのリール全3機種

現在モアザンシリーズからリリースされているリールは、スピニング・ベイトを合わせては全3機種のモデルが販売されています。それぞれ特徴があるので、自分にマッチしたモデル・機種を探してみてください!

モデル 特徴 価格帯
モアザン 耐久性・剛性に優れた最強リール 65,400〜70,600円
モアザン-LBD レバーブレーキ搭載の超万能リール 97,000円
モアザン PE TW スピニング波の飛距離が出せるベイトリール 56,800円

① モアザン

モアザンの概要

ダイワ モアザン リール おすすめ 
出典:DAIWA

シーバス専用リールの最高峰モデルとして2017年に発売されたのが『モアザン』です。リリースから数年経った今なお現役のリールで、そのコンセプトは『とにかくタフであること』を重視して開発されています。

剛性を高くして、ギアの強度も上げて耐久性を底上げしているので、ランカーシーバスなどの大型サイズがかかっても安心してやり取りすることができます。性能はもちろん、フラッグシップ機としての高級感やデザイン製にもこだわった至高の一台となっています。

釣猿
シーバスアングラーなら一度は憧れるよね!
釣猿2号
モアザンユーザーになるためにお金を貯めている人もいるくらいだ!
スポンサーリンク

モアザンの特徴

ダイワ モアザン リール おすすめ 
出典:DAIWA

自重が245〜435gと重量感があり、最近の軽量志向とは反対を行くリールといえます。ただ、その分ギアのサイズも大きく、剛性や巻きの安定感は他のリールにはない良さがあります。また、重量はあるのに巻きが軽いのが大きな特徴で、パワーだけでなく快適性も追求した一台となっています。

モアザンのスペック

品番 ギア比 自重 最大
ドラグ力
標準糸巻量
ナイロン PE
2510PE-H 6.0 245g 7kg 8-150
12-100
1-200
1.5-150
3012H 5.6 285g 7kg 12-150
16-100
1.5-200
3500 4.9 435g 8kg 12-270
16-200
2-300
2.5-250

モアザンおすすめモデル

3機種リリースされているモアザンですが、最も標準的でショアゲームに最適なスペックを有するのは『3012H』です。手返しの良さとパワーを融合したモデルで、タフなシーバスゲームでも快適な使用感でシーバスアングラーをサポートしてくれます。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 17 モアザン 3500(2017モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 17 モアザン 3500(2017モデル)

63,310円(04/20 23:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

② モアザン-LBD

モアザン-LBDの概要

ダイワ モアザン リール おすすめ モアザン-LBD
出典:DAIWA

『モアザン-LBD』は、コアなシーバスアングラーのためのシーバス専用レバーブレーキリールです。シーバスをいなし取り込みまでを快適にし「掛けたら獲る!」をコンセプトに開発されています。レバーブレーキ(LB)リールを使用することで、魚に違和感を与えずラインを送り出せたり、走られた場合にスムーズにライン調整できるという大きな魅力があります。

せっかくヒットしたシーバスを逃さないために、レバーブレーキ搭載モアザンを採用するアングラーも多いです。

モアザン-LBDの特徴

2017年に発売されたモデルですが、高い耐久性とボディバランスの良さから、いまだに使用されている人気のシリーズ。オリジナルの『モアザン』のスペックはそのままに、追加でリールブレーキが搭載されているのが特徴です。リールブレーキが搭載されたことで、大きく3つの恩恵を得る事が出来ます。

  1. いなして誘導して取り込む
  2. 暴れさせず、バラシを減少
  3. 流れ落ちるベイトを演出

より快適に、より楽しくシーバスゲームを楽しみたい方は、ぜひ『モアザン-LBD』を検討してみてください!

モアザン-LBDのスペック

品番 ギア比 自重 最大ドラグ力 最大ブレーキ力 標準糸巻量PE
2510PE 4.9 255g 6kg 10kg 1-200
1.5-150
2510PE-SH 6.2 260g 6kg 10kg 1-200
1.5-150

モアザン-LBDおすすめモデル

『モアザン-LBD』からは2機種がラインナップされています。基本スペックを搭載し、初心者でも扱いやすいのが『2510PE』。ナイトゲーム対応の高感度モデルが『2510PE-SH』。どちらもシーバスを「掛けたら獲る!」ことに特化した専用のLBリールです。フィールドや自身の使い方に最もマッチした1台を選んでくださいね!

③ モアザン PE TW

モアザン PE TWの概要

ダイワ モアザン リール おすすめ モアザン PE TW
出典:DAIWA

2019年位発売された『モアザン PE TW』は、シーバス用ベイトリールにおいて「これ以上無い」使い勝手を実現しています。ボディや両サイドをアルミ化したことで、高い剛性が魅力の1台。2機種ラインナップされており、それぞれ『コンパクト・タフ・キャストの伸び・おかっぱりからボート』まで幅広く対応しているので自分にマッチした機種が見つかります!

モアザン PE TWの特徴

ダイワ モアザン リール おすすめ 
出典:DAIWA

シーバス専用ベイトリールとして高い評価を受ける『モアザン PE TW』。パーミングしやすいコンパクトボディで、力強い巻上げをサポートする100mmのロングハンドルを搭載。力強く安定した巻き上げが可能で、流れの変化も明確に手元に伝える感度の高さや、引き重りするルアーも軽快にリトリーブでき大物もグイグイ引き寄せることができます。

また、最大の魅力がとにかく遠くへ飛ばせることです。30gのメタルジグであれば、100メートル程度のロングキャストも可能!もはやスピニングリールと同等なレベルの飛距離を出す事が出来ます。シーバスゲームに特化したベイトリールの最高峰なので、とにかく買って損はないスペックに仕上がっています!

モアザン PE TWのスペック

品番 ギア比 自重 最大ドラグ力 標準糸巻量PE
1000SH-TW 7.1 195g 6kg 1.5-200
1000SHL-TW 7.1 195g 6kg 1.5-200
1000XH-TW 8.6 205g 6kg 1.5-200
1000XHL-TW 8.6 205g 6kg 1.5-200

モアザン PE TWおすすめモデル

『モアザン PE TW』は2機種のラインナップがあり、それぞれハンドルの左右が用意されています。。『1000SH-TW』はスムーズな回転と低速帯を重視、流れに乗せながらゆっくり巻いてくる釣り方におすすめ。『1000XH-TW』は手返しが良く、メタルジグのシャクリや高速アクションまで視野に入れたい方におすすめです。

まとめ

ダイワ モアザン リール おすすめ 
出典:DAIWA

いかがでしたでしょうか。

今回は、ダイワのハイエンドモデル『モアザン』シリーズのリール全3機種を解説してきました。ダイワのシーバス専門リールのフラッグシップ機として君臨する『モアザン』は、2017〜2019年に発売された機種ですが、どの機種も人気すぎて今だに価値が上がり続けているシリーズです。

剛性が高く、長期間使用できるので、一度購入すれば当分買い替える必要がありません。自分の釣りスタイルに合わせて、『スピニングリール、レバーブレーキリル、ベイトリール』から選び、もっともっとシーバスゲームを楽しんでくださいね!

関連記事

身近なフィールドで大型の魚を狙えるシーバス釣は、ソルトルアーフィッシングの中でもかなり人気の釣りです。そんなシーバス釣りでは、使用するタックル(釣具)によって釣りの快適度や釣果が変わってきたりもします。その為、使うタックルは慎重に選ぶ必要が[…]

シーバスリール おすすめ 
関連記事

シーバスフィッシングにおいて使用されているタックルはスプイニングリールが主体です。しかし、最近ではベイトタックルを使ってシーバスを狙うアングラーも増えてきています。この記事を見ているあなたも、きっとベイトタックルを使ってシーバスを釣りたいは[…]

【最新】シーバスにおすすめなベイトリール10選!コスパ最強リールを徹底解説
関連記事

シマノから販売されている『EXSENCE(エクスセンス)』シリーズは、シーバス専用にチューニングされたモデルです。そんなエクスセンスからは、スピニングリール(3機種)とベイトリール(2機種)がリリースされています。 どれもシーバスゲー[…]

シマノの『エクスセンス』リール全5機種を徹底解説!最上級モデルで釣りを楽しめ!
スポンサーリンク
ダイワ モアザン リール おすすめ ダイワの『モアザン』リール全3機種を徹底インプレ|最強のシーバスリールはこれだ
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG