アジング用スナップおすすめ5種類を厳選|初心者でもわかるサイズや選び方をご紹介

アジングでは、アジの潜んでいるレンジを探るためにジグヘッド単体リグやプラグのローテーションが頻繁に行われます。そんな時にあったら便利なのが『スナップ』。ラインにスナップを取り付けておけば、リグチェンジの際に毎回糸を結び直す必要がないので、スムーズにリグを交換することが可能になります。

そこで今回は、アジングで使用するスナップの選び方とおすすめ商品について詳しく紹介・解説していきます。

・アジングを始めたい!
・どんなスナップを選んだらいいの?
・おすすめのスナップを知りたい!
・そもそもスナップって必要?

アジング用のスナップ選びでお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

アジングにスナップは必要?

アジング スナップ

アングラー(釣り人)の間では、『アジングでスナップを使用するか・しないのか』がよく話題にあがります。「繊細な釣りだからない方がいい…」とういう意見も聞きますが、実際スナップありでも問題なく釣れるので、個人的には『スナップあり』の方が有利だと感じています。

特に初心者の方は、ジグ単などの仕掛けを夜間の暗い釣り場で数十回も結び直すなんて考えただけでもデメリットしかありません。ますは『スナップあり』でアジングを始めてみて、アジングに慣れてきたら自分の判断で『ありorなし』を決めてみてはいかがでしょう。

メリット ジグヘッド交換が簡単
交換のたびにリーダーを切らなくて良くなる
結び目を保護できる
ルアーの可動域が広がる
デメリット ジグヘッドによってはスナップが通らない
スナップが変形し外れる可能性がある
アタリの感度が鈍くなる(かも)
釣猿
スナップのありなし問題は結局アングラーの好みだよね!
釣猿2号
アジングで使用する仕掛けは小さいしラインも結びにくいから、個人的にはスナップを使うのがおすすめかな!
関連記事

アジングでは『ジグ単』と呼ばれる、ジグヘッドとワームの組み合わせ『ジグヘッドリグ』でアジを狙う釣法が一般的です。その奥深さから多くのアングラーを魅了している釣りです。 そんなアジングの釣果に関わってくるのが『ワーム』ではないでしょうか[…]

関連記事

ライトゲームの代表格『アジング』では、ルアーでアジを手軽に釣る事ができます。釣っても楽しい、食べても美味しい釣りとして多くのアングラーから人気の釣りです。仕掛けはジグヘッドが定番。しかし形状や重さなど様々な種類があり、初心者の方はどう使い分[…]

アジング用ジグヘッドおすすめ20選|初心者でもわかる選ぶコツを伝授!

アジング用スナップの選び方

アジングで使用するタックルは、全体的に小さい特徴があります。繊細な釣りな分、他の釣りで使用するようなスナップを流用することはあまりお勧めできません。アジング用のスナップを選ぶ際は、次の3つのポイントに気をつけながら選んでみてください!

① サイズ

アジング スナップ サイズ

アジングで使用するスナップのサイズは、できるだけ小さいサイズを選ぶようにしましょう。サイズ表記はメーカーによってバラバラですが、基本的には『SS・S・00号』と書かれているものを選べば問題ありません。

このサイズ感であれば、大抵のルアーやジグ単のアイ(スナップを通す部分)に通すことができ、フォールやアクションに悪影響を与えません。初心者の方は、『SS・S・00号』サイズのスナップを探しましょう。

② 強度

アジング スナップ 強度

アジングに使用するスナップであれば、強度は『1.5kg〜3kg』程度あれば問題ありません。具体的には、スナップのパッケージに書いてある『破断強度が1.5kg〜3kg』の商品ならOKです。

スポンサーリンク

③ メーカー

初心者の方で、「どれが良いかわからない!」という方は、『アジング(ライトゲーム)専門ブランド』の商品を選ぶと失敗がありません。具体的には、DAIWA(ダイワ)の月下美人などです。

アジングでの使用を想定して設計・開発されたスナップなので、先ほど紹介した『サイズ・強度』の条件をクリアしている商品がほとんどです。初心者の方で、スナップ選びに失敗したくない方はまずブランドのスナップを探してみてください

代表的なメーカーとアジングブランド

メーカー ブランド
DAIWA(ダイワ) 月下美人
がまかつ 宵姫(よいひめ)
TICT(ティクト)

アジング用スナップ選びでよくあるQ&A

アジング スナップ Q&A

スナップを交換するタイミングは?
スナップが開いてきたなと感じたら、すぐに取り替えておきましょう。スナップの異変に気付き交換できれば、ファイト中に壊れる心配が少なくなります。
リーダーとスナップはどう結べばいいの?
初心者でも簡単なクリンチノットがおすすめです。

アジングおすすめスナップ5選

それではアジングにおすすめなスナップをご紹介していきます。

メーカー 商品名 初心者おすすめ度
ダイワ 月下美人 エイトスナップ F
がまかつ 宵姫スリットスナップ
アクティブ アジスナップ
ティクト ラクリップ
オーナー 一手スナップ

ダイワ:月下美人 エイトスナップ F

サイズ一覧 おすすめサイズ 入数
F(ファイン)・T(タフ) F(ファイン) 8

ダイワから販売されているアジング専門ブランド『月下美人』のライトゲーム専用スナップです。ラインナップはF(引っ張り強度:1.5kg)と、T(引っ張り強度:6.0kg)があり、Fはアジ・メバルに、Tは大型のアジ・メバルようになります。

一般的なアジングを楽しむのであれば、『F(ファイン)』サイズがおすすめです。初心者の方でスナップ選びに失敗したくない方は、まずこの商品から試してみるのをおすすめします。

がまかつ:宵姫スリットスナップ

サイズ一覧 おすすめサイズ 入数
SS・S S 7

超軽量のスナップをお探しなら”がまかつ”から販売されている『宵姫スリットスナップ』がおすすめです。0.01gという驚異の軽量性を実現しており、着脱しやすい形状であるオープンスナップなので初心者〜上級者まで扱いやすいスナップになっています。

一般的にアジングに最適なサイズはSSですが、強度の面から『Sサイズ』を使用するのがおすすめです。

アクティブ:アジスナップ

アクティブ アジスナップ SS

アクティブ アジスナップ SS

327円(04/20 01:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ一覧 おすすめサイズ 入数
SS・S S 22

暗い夜でもワンタッチで交換しやすいのは、アクティブの『アジスナップ』。400円で22個入りというコストパフォーマンスの高さも人気のひとつです。

アジングでスナップを使用するアングラーの間では、定番のスナップとなるので、安いから悪いスナップではないので安心して購入してください。

ティクト:ラクリップ

TICT(ティクト) ラクリップ ノーマル

TICT(ティクト) ラクリップ ノーマル

365円(04/20 23:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ一覧 おすすめサイズ 入数
ノーマル・ロング ノーマル 7

アジングアングラーに人気のティクトはライトゲーム専門メーカーです。そんなティクトから販売されている『ラクリップ』は、小さめのフォルムでアジに違和感を与えにくい仕様になっています。

ただ、肝心の付け外しは少し難しく、手の器用さに自信がない方には他のスナップを検討することをおすすめします。

オーナー:一手スナップ

サイズ一覧 おすすめサイズ 入数
SS・S SS 7

オーナーは剛性の高い商品が多いメーカーです。そんなオーナーから販売されている『一手スナップ』は、通常のスナップのように、開く・閉じるという作業がないため、ルアー交換が非常にスピーディーにできます。さらに、アイを持って交換しやすいような絶妙なバランスに仕上がっているのも魅力。

強度のあるワンタッチスナップを探している方におすすめです。

まとめ|スナップでもっとアジングが便利に

アジング スナップ 釣れたアジ

いかがでしたでしょうか。

今回はアジングで使用するスナップの選び方とおすすめ商品について詳しく紹介・解説しきました。ルアーのローテーションが頻繁にあるアジングでは、簡単に交換できるようスナップが必要です。

特に初心者の方が快適にアジングを楽しむためには必須のアイテムと言えます。アジングを始めたい方や、入門者の方はまず今回お勧めした商品の中から気になるスナップを使用してみてください。きっと充実したアジング釣行を楽しむことができますよ!

関連記事

漁港や磯から手軽にアジを狙う事ができるアジングは、ルアーフィッシングの中でも人気のジャンルです。 釣猿 繊細なアタリを感じ取って釣るアジングは、子供から大人まで楽しめるルアーフィッシングだね! 釣猿2号 […]

アジングリールおすすめ18選|2023年コスパ最強人気リールの選び方を紹介
関連記事

ルアーゲームフィッシングの中でも手軽に楽しめ、釣果を得やすいアジングは最近人気が高まりつつあります。 そんなアジングで絶対必要なタックルといえばアジングロッド。エントリーモデルからハイエンドモデル、ロッドの長さや重さなどさまざまで、ロ[…]

【最新】アジングロッドおすすめ15選|2023年人気モデルでアジ釣りを楽しもう!
関連記事

アジングタックルの中で、選択するのに悩みがちなのが『ライン』です。 繊細なアクションが要求されるアジングでは、ライン選びはかなり重要です。初心者の方は、「どれを選んだら良いかわからない!」と苦戦されている人も多いのでは無いでしょうか。[…]

アジングのライン選びで失敗しない為に!種類別の使い分けとおすすめ商品を解説
関連記事

アジングで使用するメインライン(道糸)には、PEラインとエステルラインが使われるのが主流です。そんなPEやエステルラインは、直線強度には強いけど、岩や海藻などの障害物に擦れると簡単にランブレイク(糸切れ)してしまう危険性があります。 […]

アジング用ショックリーダーおすすめ8選!最適な選び方でラインブレイクを防止
スポンサーリンク
アジング用スナップおすすめ5種類を厳選|初心者でもわかるサイズや選び方をご紹介
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG