アジングにはソフトクーラーがおすすめ!実用的な使い方と厳選した商品をご紹介

クーラーボックスといえば硬くて頑丈な『ハードタイプ』が一般的です。しかし、アジングのような軽量で手軽さが売りの釣りではハードタイプはオーバースペックすぎることも。

そこで提案したいのが『ソフトタイプ』のクーラーボックスです。ソフトクーラーには抵抗がある人もいるかもしてませんが、工夫次第ではかなり便利で実用的です。そこで今回は、アジングに最適なソフトクーラーボックスの選び方とおすすめの商品について詳しく解説していきます!

・アジング用のクーラーBOXを探している
・ソフトクーラーってありなの?
・もっと手軽にアジングがしたい
・おすすめのソフトクーラーを教えて

アジング用のソフトクーラーが少しでも気になる方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

アジングにはソフトクーラーがおすすめ

ソフトクーラーとは

アジング ソフトクーラー ソフトクーラーとは

ソフトクーラーボックスは、その名の通り外装が柔らかい素材でできたクーラーボックスのことを指します。一般的にキャンプやピクニックなどのアウトドアでの使用が多いソフトクーラーですが、釣りでも十分使用できます。

とにかく軽く、コンパクトに折りたためるので『移動・保管』が非常に楽なのが一番の魅力です。

釣猿
商品にもよるけど、ハードクーラーよりソフトクーラーの方が大体1kgくらい軽いよ!
釣猿2号
持ち運びが便利で収納時もかさばらないのはかなり魅力的だよね!

氷締めも可能!

アジング ソフトクーラー 氷締めも可能

釣ったアジを氷水で締める『氷締め』も工夫次第で可能です。ソフトクーラーに氷水の入ったタッパーをイン!そうすれば簡単にアジを氷締めできるクーラーボックスになります。

釣猿
氷は水道水に塩を少し入れた塩水で作るといいよ!
釣猿2号
その氷に釣り場で汲んだ海水を入れればOK!

アジング用ソフトクーラーの選び方

各メーカーからさまざまなタイプが販売されているソフトタイプのクーラーボックス。アジングに最適なソフトクーラーボックスを選ぶためのポイントを3つご紹介していきます。

ぜひ購入する時の基準にしてください!

スポンサーリンク

① サイズで選ぶ(容量)

アジング ソフトクーラー サイズ

ソフトクーラーボックスを選ぶ上で、最初に気にしたいのが『容量』です。アジングではそこまで大きなクーラーボックスは必要ないので、容量としては10L以下がおすすめです。

5Lや7Lでも十分で、自身が使用しているのは4Lのコンパクトサイズ。500mLペットボトルが4本入るサイズ感なので、釣ったアジを持って帰るには十分なサイズで気に入ってます。

② 保冷力

アジング ソフトクーラー 保冷力

アジングをする季節によってはクーラーボックスの『保冷力』は気にしたいところ。保冷能力を決めるのは断熱材の厚さで、断熱材が厚い分だけ保冷能力は高くなります。ただ、断熱材の厚さをパッと見で判断するのは難しいので、メーカーが表記している『保冷効力』(何時間で氷が溶けるか等の指標)を目安にしましょう。

③ 拡張性・機能性

アジング ソフトクーラー 機能性

ソフトクーラーボックスには、ハードクーラーボックスのような拡張性があるタイプは多くありません。そのため、ソフトクーラーでもロッドホルダーやDカン(Dリング)がついているタイプは貴重です。

より快適性や機能性を求めたいのであれば、自分でカスタマイズできる余地のあるタイプがおすすめです。

アジング用ソフトクーラーおすすめ6選

がまかつ:宵姫 ソフトクーラーバッグ10L LE321

がまかつ(Gamakatsu) 宵姫ソフトクーラーバッグ10L LE321

がまかつ(Gamakatsu) 宵姫ソフトクーラーバッグ10L LE321

3,911円(02/27 20:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ 180×280×260mm
容量 10L
重量 728g
保冷効力
機能性 ロッドホルダー(2本)

今回紹介するソフトクーラーの中で、最もアジングに適しているのがこの商品。”がまかつ”のライトゲーム専用ブランドである『宵姫 (よいひめ)』から販売されている10Lのソフトクーラーです。600mlペットボトルを6本収納可能な程よい容量になっています。

機能性も高いのが特徴で、2箇所のロッドホルダーはリグ交換をする時に重宝します。ウェビング(幅1cm程度の帯が3cm間隔で縫い付けられているやつ)もバックの両サイドにあるので、フィッシュグリップや外付けバッグを取り付ける事が可能です。内部は取り外し可能な防水素材のインナーが付いているので、汚れたとしても簡単に丸洗いすることができます。

アジングやメバリングなどのライトゲームで使用することを想定して設計された専用のソフトクーラーなので、ぜひ検討してみてください!

がまかつ:ソフトクーラーバッグ 15L LE319

がまかつ(Gamakatsu) ソフトクーラーバッグ15L LE319 ブラック

がまかつ(Gamakatsu) ソフトクーラーバッグ15L LE319 ブラック

3,960円(02/27 09:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ 230×340×265mm
容量 15L
重量 1kg
保冷効力
機能性 ロッドホルダー(2本)

同じく”がまかつ”から販売されいている15Lのソフトクーラーボックスです。「10Lでは物足りない」「他の釣りでも兼用したい」…という方は15Lタイプがおすすめです。機能性は基本的に同じで、ロッドホルダーや中身を素早く出し入れ可能なマグネット付きフラップが装備されています。

アジング専用にするには大きいですが、他の釣りでも使えるクーラーボックスにしたいのであれば、かなりおすすめのソフトクーラーになります。

ダイワ:ソフトクール 800

サイズ 220×150×250mm
容量 8L
重量 800g
保冷効力 25時間キープ
機能性 ×

大人気釣りメーカーであるダイワが、ハードクーラーで培った半世紀以上の技術を投入して作られた高保冷なソフトクーラーです。断熱材がかなり厚めのクーラーボックスで、8Lタイプなら25時間で氷が溶け切るので、24時間以上連続でアジングをしないのであれば、十分過ぎるほどの保冷力です。そのため、暑くなりやすい夏場では重宝するソフトクーラーボックスになります。

内部のインナーは、氷や魚をそのまま収納できるPVC仕様で、ワンタッチで装着でき丸洗いが可能です。カラーラインナップは『モカ・アンバー・ディープフォレスト』の3色。どれもおしゃれな色になっているので、ぜひチェックしてみてください。

ダイワ:ソフトクールEX 800

サイズ 220×150×250mm
容量 8L
重量 800g
保冷効力 32時間キープ
機能性 ×

従来品に”EX”の表記が加わった『ソフトクールEX』は、保冷力を強化し約1.3倍にアップした超高保冷のソフトクーラーボックスです。保冷力は7層の断熱構造を採用して強化しています。(断熱部は従来ソフトクールは発泡ポリエチレンのみ、EXは発泡ポリエチレン+発泡ウレタン)。

夏場での使用はもちろん遠征時やキャンプでの使用など、使い方は無限大にあります。カラーリングは『モカ・マスタード・ブリック』の3色。ソフトクーラーを購入するにあたって、一切妥協したくない方はこの『ソフトクールEX』がおすすめです。

ティクト:ミニマリズム クーラーバッグ

ティクト(TICT) ミニマリズム クーラーバッグ ブラック

ティクト(TICT) ミニマリズム クーラーバッグ ブラック

3,960円(02/27 20:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
サイズ 280×230×40mm
容量
重量
保冷効力
機能性 ×

BOX型クーラーを持ち込みづらい場所でもアクティブに持ち運びできるショルダータイプのミニマルクーラーです。 アジング用のクーラーボックスとしての使用はもちろん、夏場にドリンクを持ち込むのにも最適です。生地は摩擦等の破れにも強い『CORDURA®1000D』を使用。バッグの中は5mm厚の断熱材と、保冷剤用のメッシュポケットを搭載しています。

クーラーボックスを手で持つ必要がないので、ランガンスタイルが主流のアングラーにはかなり魅力的な商品ではないでしょうか。

モンベル:クーラーボックス 4L

サイズ 130×210×150mm
容量 4L
重量 120g
保冷効力
機能性 ×

登山用品をはじめさまざまなアウトドア用品を販売しているモンベルの4Lサイズで非常にコンパクトなソフトクーラーボックスです。500mLペットボトル4本入るサイズ感で、氷締め用の市販のタッパーがぴったりハマるので、アジングで重宝しています。

内側には保冷剤などを入れられるメッシュポケットが付いているので、保冷剤はもちろんスナップやショックリーダーなどの小物を一緒に収納することも可能です。個人的にはアジングをするには十分なサイズなので、使用頻度の高いおすすめなソフトクーラーボックスになります。

まとめ|ライトゲームにはソフトクーラーが最適

アジング ソフトクーラー 

いかがでしたでしょうか。

今回は、アジングに最適なソフトクーラーボックスの選び方とおすすめの商品について詳しく解説してきました。釣り用のクーラーボックスといえば、『ハードクーラー』が一般的ですが、アジングでは軽く持ち運びがしやすい『ソフトクーラー』でも十分対応できます。むしろ手軽に楽しめるアジングではソフトクーラーの方が有利な場面もあります。

一度使えば、ソフトクーラーでの快適性がよくわかると思います。同じサイズ感でもハードクーラーに比べ、安く購入できるメリットもあるので、気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク
アジング ソフトクーラー 
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG