エバーグリーン製エギングロッド全機種を解説|プロ御用達のハイスペックロッド

釣り場で見かけるエギングが上手いアングラー。

その人たちがよく使用しているエギングロッドのメーカーに「エバーグリーン」があります。

釣猿
エバーグリーンといえば高価格帯のロッド!
釣猿2号
各ジャンルのガチ勢を中心に根強いファンがいるよね!

そんなエバーグリーンから販売されているエギング専用のロッドは、評判がかなり良くエギングガチ勢から非常に人気なのをご存知でしょうか?

そこで今回は、エバーグリーン製のエギングロッド全2機種を徹底解説していきます!

・エバーグリーンのエギングロッドってどうなの?
・どんなロッドがあるの?
・エギングガチ勢に仲間入りしたい!
・どんな人におすすめ?

エバーグリーン製エギングロッドが気になっているけど、購入するのを迷っている!そんなあなたの参考になる記事となっています!

スポンサーリンク

EVERGREEN(エバーグリーン)とは

エバーグリーン ロゴ

エバーグリーン(正式名称:エバーグリーンインターナショナル(EVERGREEN INTERNATIONAL))は、1988年に設立された総合ルアーメーカーです。

現在は、主にルアーフィッシング向けの製品を発売しており、バス釣りやエギング、ジギング、ライトSWなどSWゲームのロッドやルアーで高い支持を集めています。

各分野のトップアングラーがプロデュースした製品が多く、価格が高めなので中~上級者向けの機能性を備えた製品が多いのが特徴です。

釣猿
バスロッドのブランド「コンバットスティック」は名作としてかなり有名だよね!
釣猿2号
実釣力の高いルアーを多数輩出していて、多くのアングラーから高い支持を集めています!

エバーグリーン製エギングロッド全2シリーズ

エバーグリーンがエギング専用ロッドとして開発しているのが次の2種類です。

シリーズ 販売価格
スキッドロウ セカンドステージ 45,000円〜49,000円
スキッドロウ インペリアル 60,000円〜72,000円

エギンガーが憧れる「スキッドロウ」シリーズ。中〜上級者向けの高級ロッドに仕上がっています。

価格は高めの設定ですが、ロッドの張りと適度なしなり具合は、今までに感じたことのない快適なエギングライフを体感できます。

期待を裏切らない性能が詰まった「スキッドロウ」シリーズ。詳しく解説していきます!

釣猿
値段は高いけど快適度は抜群!
釣猿2号
使ってみないとわからない良さがあるよ!

エギングロッドを選ぶ基本

エギングロッド リール

「スキッドロウ」を紹介する前にエギングロッドを選ぶポイントについておさらいです。

特に初心者の方は、適当にロッドを選ぶと十分エギングを楽しめない可能性もあるので、エギングロッド選びに失敗しないために次の3つのポイントに注意しましょう。

エギングロッドを選ぶ3つのポイント
① ロッドの長さ(8.6フィートが基準)

② ロッドの硬さ(MLが基準)
③ ロッドの重さ(とにかく軽いもの)

詳しい解説は別の記事で説明しているので、ぜひそちらも参考にしてください!

エギングロッド「スキッドロウ」全2種類

スポンサーリンク

① スキッドロウ セカンドステージ(4万円台 後半)

エバーグリーン エギングロッド おすすめ スキッドロウ セカンドステージ

エギング専用ロッドとして一世を風靡した初代スキッドロウが堂々のリニューアル。

スキッドロウシリーズの最も安い価格で買える機種です。装飾などのデザインやガイドを簡素化することで、価格を抑えているロッドです。

ブランクスは、「超軽量カーボンマテリアル」を採用。しなりから素早く戻るブランクスを実現しています。ガイドは「Fujiステンレスフレーム Kガイド」を採用することでライントラブルを軽減してくれます。

オールマーティに使用できる「86M」から、小型の秋イカやエギを瞬時に左右にダートさせる「スラックジャーク」対応モデルの「88L」。春の大型アオリイカ用の「84MH」などラインナップも充実しています。

しかし、他社のエギングロッドと比較すると、実売価格4万円でこのスペックは少し見劣りします。「スキッドロウ セカンドステージ」はいいロッドですが、個人的にはコスパ面でウーンなのかなと思います。

ただ、エバーグリーン特有のパリッとしたブランクスを体感することはできるので、「反発力のある軽量ブランクス」を試したい方にはおすすめできます。

釣猿
正直、4万円のロッドにしては使用している素材やスペックはイマイチと言わざるを得ないかな…。
釣猿2号
「スキッドロウ」の良さを知りたいなら、断然上位機種の「インペリアル」を買った方がいいよ!

ラインナップと基本スペック

品番 全長 自重 エギサイズ 継本数
88L 8.8ft 106g 2.5~4.0号 2本
92L 9.2ft 114g 2.5~4.0号 2本
86M 8.6ft 110g 2.5~4.0号 2本
90M 9.0ft 117g 2.5~4.0号 2本
710MH 7.10ft 112g 3.0~4.5号 2本
84MH 8.64t 122g 3.0~4.5号 2本
・スキッドロウを試してみたい
・反発力のある軽量ブランクスを試したい
・エギングを始めるための専用ロッドが欲しい
・できるだけ安くスキッドロウシリーズを買いたい

② スキッドロウ インペリアル(3万円台 前半)

エバーグリーン エギングロッド おすすめ スキッドロウ インペリアル

高級メーカーであるエバーグリーンの総力が詰まったハイエンドもでる「スキッドロウ インペリアル」。

「スキッドロウ」といえば「インペリアル」と言われるほど、エギング界で一大帝国を築いたシリーズです。

「スキッドロウ インペリアル」の特徴
① ハリのある極上ブランクス
② 軽量&ライントラブルレスのガイドセッティング

キャストやシャクリ時でもロッドのブレがないブランクスは、これまでに味わったことのない操作感を味わう事ができます。

感度の良いロッドの特徴であるハリの強さと、大物がかかった時にはしっかり”しなる”柔軟さが一番の特徴と言えます。

また、ガイドはチタン製のKガイドとRVガイドを採用しているのでとにかく軽量。さらにライントラブルともほぼ無いガイドセッティングは、ハイエンド機ならではの高級仕様となっています。

「スキッドロウ」の噂を聞いて購入を検討している方は、騙されたと思って「スキッドロウ インペリアル」を選んで欲しいです。

個人的には下位機種の「スキッドロウ セカンドステージ」とは雲泥の差があります。エバーグリーンのロッドが気になる方の多くは、エギングを極めたい考えの人が多いので、ぜひ妥協せず「インペリアル」を検討してみてください。

皆さんのエギングライフが劇的に変わりますよ!

釣猿
せっかくエバーグリーンのロッドを買うなら「インペリアル」かな!
釣猿2号
ただ、これは個人的な意見!『自分の釣りスタイルや考え方に合った買い方をするのがベスト』だということを最後に付け加えておきます!

ラインナップと基本スペック

品番 全長 自重 エギサイズ 継本数
73M 7.3ft 112g 2.5~4.0号 2本
75MH 7.5ft 121g 2.5~4.5号 2本
82L 8.2ft 109g 2.5~4.0号 2本
86L 8.6ft 111g 2.5~4.0号 2本
86M 8.6ft 120g 2.5~4.0号 2本
90L 9.0ft 117g 2.5~4.0号 2本
110ML 11.0ft 158g 2.5~4.0号 2本
80ULST 8.0ft 107g 1.5~3.5号 2本
・上級者が愛用する高性能なエギングロッドが欲しい
・「スキッドロウ」シリーズに憧れている
・反発力のある軽量ブランクスを試したい
・至高の1本を探している
・エギングが上達したい・極めたい

まとめ

エバーグリーン製エギングロッド全機種を解説|プロ御用達のハイスペックロッド

いかがでしたでしょうか。

今回は、エバーグリーンのエギング専用ロッド「スキッドロウ」全2モデルを徹底解説してきました。

上級者やエギングが上手いアングラーがこぞって使用する「スキッドロウシリーズ」は誰もが憧れるブランドです。特に「スキッドロウ インペリアル」はハイエンドモデルのロッドとして絶大な人気を誇る機種です。

エギングを極めたい・上達したい・もっと楽しみたい!というアングラーの夢を叶えてくれるエギングロッドです。

「ロッド自身が仕事をしてくれる快適で軽快な使用感」をコンセプトに開発されている「スキッドロウシリーズ」。ぜひ一度お試しください!

各メーカーエギング専用ロッド全機種を解説!
スポンサーリンク
エバーグリーン製エギングロッド全機種を解説|プロ御用達のハイスペックロッド
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG