ショアジギング用PEラインおすすめ10選|人気商品や太さ(号数)の選び方を解説

ショア(岸)からメタルジグを遠投して大型の回遊青物を狙うショアジギング。昔からずっと人気の釣りですよね!

釣猿
狙う魚種は様々!カンパチ・メジロ・サワラなど!
釣猿2号
何が釣れるかはお楽しみ!楽しい釣りだよね!

そんなショアジギングですが、今年から挑戦してみようと思っている方も多いのではないでしょうか。でも、初めてショアジギングをする方にとってタックル(釣具)選びって結構ハードル高いですよね

特にメインとなるライン(釣り糸)は「どんなラインをどれくらいリールに巻けば良いの?太さは?」とつまずきやすいポイントのひとつです。

そんな不安に思っている方もご安心ください!全く難しいことはなく、ひとつひとつ理解を深めていけば、次からは誰でもライン選びに困ることはありません!

今回は初心者がつまづきやすい『ショアジギングのPEライン選び』について、その選び方とおすすめ商品をご紹介していきます。

・ショアジギングを始めたい!
・PEラインはどれを選ぶと良いの?
・おすすめの商品が知りたい!
・店舗ではどれを買ったら良いかわからなかった!

こんなお困りが少しでもある方は、この記事を参考にしてください!今後ショアジギングのライン選びがスムーズにできるようになるのでご安心を!

スポンサーリンク

ショアジギングのライン選びは慎重に!適当はNG

ショアジギング PEライン

釣りを始める時に一番エントリーしやすいのが釣具屋さん。しかし、びっくりするほど多くのラインが並んでいますよね…。釣り初心者の方でたまにあるのが「えいやっ!」で適当にラインなどのアイテムを購入してしまうことです。

釣具には『どんな釣りで使用するのか』を想定した設計がされています。そこを無視してしまうと、釣りが成り立たない場合がほとんどです。

ショアジギングにはショアジギングに合ったアイテム選択をする必要があることを念頭に置いていただければ幸いです。

釣猿
オールマイティに使えます!ってラインもあるけど、できればその釣り専用のアイテムがおすすめだよ!
釣猿2号
その釣りに合わせて開発されているから釣行中の快適性が全然違うよ!

ショアジギング用ライン

ラインの基礎

ショアジギングでは「PEライン」と呼ばれる釣り糸を使用します。ですがその前に、釣りに使われるメインのライン(道糸)の種類のお話をします。そうすることでなぜPEラインを選ぶのかを理解できるはずです!

道糸に使われているラインは大きく分けて3種類あります。「ナイロンライン・フロロカーボンライン・PEライン」です。

ショアジギング用ラインの選び方 道糸の種類(ナイロン・フロロカーボン・PE)

それぞれに特徴があり、メリット・デメリットが存在するので、それを理解した上で使い分けるようにしたいものです。

PEラインを選ぶ理由

釣りで道糸に使用するラインは「ナイロン・フロロカーボン・PE」の3種類あるという話をしましたが、ショアジギングに適したラインは「PEライン」です。

「PEライン」とは、極細のポリエチレン(PE)素材の繊維を複数編み込んで作られたラインを指します。

「ナイロンライン」はライン自体の伸縮が激しいので、ショアジギングでのルアーのアクションがしにくいデメリットがあります。また、「フロロカーボン」は硬すぎるのでキャスティングで思うような飛距離が出せないデメリットがあります。

これらのデメリットをクリアしているのが「PEライン」なのです!

PEラインがショアジギングに向いている理由は、

① 伸びがほとんどないのでルアーの操作がしやすい
② 高感度である
③ しなやかさで細いので飛距離が稼げる

です。最近はPEラインの登場により、ルアーフィッシングゲームの多くのアングラーが使用するようになりました。それほど優れたラインなのです。

初心者の方は『ショアジギングにはPEラインが鉄則!』と覚えてもらえれば問題ありません。ラインの種類は基礎になるので、釣りに入門したての方はぜひ覚えてくださいね!

釣猿
ナイロンラインは投げ釣りや遠投サビキに使われるよ!
釣猿2号
フロロカーボンはアジングやバス釣りに使われるね!
スポンサーリンク

PEライン(メインライン)の選び方

ショアジギング用のPEラインを選ぶ上で、気にしたい要素は6つです。反対にこの6つさえ押さえてしまえば、誰でも簡単にショアジギング用のライン選びをすることができます。

① カテゴリー
② 長さ
③ 号数(太さ)
④ 糸の強度
⑤ ブレイド数(糸の撚り:ねじりあわせ)
⑥ カラー
釣猿
6つの事に気をつけて選べば良いんだね!全く難しくないから大丈夫!
釣猿2号
選ぶハードルは少し下がったんじゃないかな!

ショアジギング用ラインを選ぶ時に気をつける6つの事

① カテゴリー

ショアジギングには、使用するメタルジグの重さや釣り場(フィールド)によって、4種類に分類することができます。このカテゴリーごとで主に『ラインの太さ』が変わってきます。

最初はどのカテゴリーのショアジギングをするのかを決めるところからスタートです。

ショアジギングのカテゴリー別の特徴初心者の方は、「どれがいいんだよ!!」という気持ちだと思います。一般的に「ショアジギング」と呼ばれている釣りのほとんどが「ライトショアジギング」に該当します。

いきなり磯でガンガン釣りをするわけではなく、まずは『堤防やたまに磯に足を運ぶ』イメージなら「ライトショアジギング」に該当するPEラインを選びましょう。

② 長さ

ショアジギング用ラインの選び方 長さ

各釣具メーカーから販売されているラインの長さは、基本的に200m〜400mのタイプが多いです。そのいずれかから選ぶ必要がありますが、『ルアーをどれほど飛ばすか』と『ライントラブルでPEラインが短くなる可能性』を考慮して購入する必要があります。

カテゴリー 長さの目安
スーパーライトショアジギング 200m
ライトショアジギング 200m
ショアジギング 200m
ロックショアジギング 200〜300m

③ 号数(太さ)

ショアジギング用ラインの選び方 ラインの太さ(号数)

号数とはラインの太さを意味します。ショアジギングのターゲットである青物を釣り上げるのは強度の強いラインを選ぶ必要があります。

そう聞くと『太ければ太い方がいい!』と思うかもしれませんがそれは間違いです。ラインは太すぎても細すぎてもトラブルが起きる原因となるので、カテゴリーに合った号数を選ぶ必要があります。

カテゴリー 長さの目安
スーパーライトショアジギング 0.4〜0.6号
ライトショアジギング 0.8〜1.5号
ショアジギング 1.5〜3号
ロックショアジギング 3号以上

④ 糸の強度(「AVE」の製品を選ぼう)

ショアジギング用ラインの選び方 ラインの強度「AVE」「MAX]

ショアジギングでは80cm以上の大型の青物がかかることもあり、その際に重要となってくるのがラインの強度。いざという時のために信頼できるラインを選びたいですよね!

そこで見ていただきたいのがケースに書かれている「AVE」または「MAX」の数値です。簡単に説明すると、仮に「AVE.4kg」と書かれていた場合「糸の耐久テストの結果、ライン耐久度の”平均”は4kg(平均4kgで糸が切れる)」という意味になります。反対に「MAX.4.5kg」と書かれていた場合「糸の耐久テストの結果、ライン耐久度は”最大”は4.5kg(最大4.5kgで糸が切れた。それ以下でも切れます)」という意味になります。

つまり、「MAX」は『どの重さでラインブレイクするのか全く見当がつかない』ラインという事になります。この表記や意味までを知っているアングラーはそう多くはありません。

タックルを組む上で『信用できるラインかどうか』は非常に重要となってきます。予算もあるので、最初は「MAX」表記の安いラインでもいいかもしれませんが、同じ値段であるならば迷わす「AVE」表記のラインを購入しましょう!

ここでは多く説明できないので、正しい知識をつけるためにももっと知っておきたい方はこちらの記事を参考にしてください!

釣猿
この問題はライン業界の闇だよね…。
釣猿2号
みんなが「AVE」を買う事で釣り業界が良い方向に進むきっかけになるはず!
関連記事

エギングやシーバス、ロックフィッシュなど様々な場面で活躍するPEライン。 釣猿 伸縮しないからルアーの操作に長けてるよね! 釣猿2号 PEラインの登場で釣りの幅が広がったね! そんなPEラインですが[…]

⑤ ブレイド数(糸の撚り:ねじりあわせ)

ショアジギング用ラインの選び方 ブレイド数4本・8本

PEラインは繊維の細かい複数本の糸を編んで1本の糸としています。そこで重要なのがブレイド数です。

「ブレイド」とは、何本の糸を編み込んでいるかを示す用語です。4本なら「4(フォー)ブレイド」、8本なら「8(エイト)ブレイド」となります。

ショアジギングではどのブレイド数のPEラインでも問題ありません。完全にアングラーの好みなので、初心者の方は自分の好みで選びましょう。

4本撚り

メリット デメリット
リーズナブル

ライントラブルが少ない

飛距離は8本撚りに劣る

8本撚り

メリット デメリット
飛距離が伸びる

強度が強い

価格が高くなる
釣猿
初心者の方は価格の安い4本撚りで十分!
釣猿2号
ハリとコシがあるから好きってアングラーも多いよ!

⑥ カラー

ショアジギング用ラインの選び方 カラー

PEラインにはさまざまなカラーがありますが、それにはちゃんと意味があります。2タイプあり、「単色タイプ」と「カラーマーキングタイプ(数mごとに色分け)」に分類されます。

まず「単色タイプ」は視認性が良いカラーを選ぶことができる魅力があります。派手な色のカラーなら、ラインの位置や動きがしっかり把握しやすく便利です。

「カラーマーキングタイプ」は、カラーの位置でキャスト時の飛距離やフィールドの水深を把握することができます。ただ少し値段が高くなるので、予算を抑えたい初心者の方は単色カラーが最適です。

釣猿
カラーもどれを選んでもOK!気分の上がる色を選ぶアングラーもいるよ!
釣猿2号
実用性を取るも良し!デザインを取るも良し!

ショアジギング用おすすめPEライン10選!

ショアジギング用のPEラインを選ぶ時に注意するべき6つのポイントを解説してきました。この6つに注目しながら商品を見ると簡単に自分に合ったラインを選ぶことが可能です。

ここでは「値段・人気度・使いやすさ・ロングセラー」を考慮し、おすすめのPEラインを厳選しています。ぜひ自分の釣りスタイルに合ったラインを見つけてくださいね!

強度表記「AVE」のPEライン

① 【ダイワ】UVF PEデュラセンサーX8+Si2

大手釣具ブランドであるダイワから販売されている「UVF PEデュラセンサーX8+Si2」は、バリエーションが豊富なベーシックタイプのPEラインです。「長さ・号数・カラー」が豊富なので、ショアジギングのどのカテゴリーもカバーしています。

8本であみ込まれたラインでこの価格なのでコスパ最強のPEラインです。さらに少ない「AVE」表示の製品でもあるので、信頼性の高いものであることは間違いありません。

初心者の方でどのメーカーのものを買うのかで困っているなら、迷わずこの商品をおすすめします。

青物の釣りに使ってます。リピート注文です。引用:Amazon
1.2号をライトショアジギングに使用。表面は滑らかで、適度に張りがあり、やっと自分が欲しかったラインを見つけることができました。引用:Amazon

② 【ダイワ】UVF ソルティガデュラセンサー8+Si2

ソルト フィッシング全般に使うことができる汎用性の高いモデルです。コーティングされたラインで編み込むことで、摩擦の影響を抑え比較的滑らかな滑り出しを実現してくれます。バランスの取れたかなり評判の良いラインです。

ダイワ製品のラインは一部を除き「AVE」表記なので、安心して購入することができるのも魅力です。

ショアやオフショアを問わず、ライトめのジギングまで使用できるので、両方楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

マーカーが大変見やすく状況が把握しやすいです。何よりコスパが優秀です。引用:Amazon
ライトジギングタックル用に購入しました。安心の使用感です。引用:Amazon

③ 【東レ】 ジギングPE パワーゲーム ×8

東レ(TORAY) ライン ジギングPEパワーゲーム X8 300m 2.5号

東レ(TORAY) ライン ジギングPEパワーゲーム X8 300m 2.5号

3,103円(07/15 11:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

東レ(TORAY)から販売されている、オーソドックスなショアジギング専用の8本編みPEラインです。耐摩耗性に優れているので、抵抗する魚のやり取りも安心して対応することができます。

同シリーズには4本編みタイプの「ジギングPE パワーゲーム」も用意されています。基本の性能は同じなので、4本編みが好きな方はそちらもおすすめです。

ほどよい張りがあり不意の10kgオーバーの平政や鰤なも安心してやり取りできます。引用:Amazon
8本撚りでは硬めのラインだと思いますが高切れなどのトラブルは1度もありません。引用:Amazon
強度表記がアベレージ(AVE)なのは私のなかで高ポイントで、今後も使い続ける予定です。引用:Amazon

④ 【クレハ】シーガー PEX8

8本編みPEライン一覧の中でもコストパフォーマンスの高いクラスに属している優秀なPEラインです。伸縮性を極限まで減らした「グランドマックスPE」を採用したことで、感度の良さが際立つ製品に仕上がっています。

初心者の方で、初期費用を抑えつつある程度の基本スペックを備えたライン選びがしたいのであれば、「シーガー PEX8」はベストなのかもしれません。アングラーの中でもリピーターの多い人気商品です。

初心者にもいいと思います。この価格帯でこの品質であれば文句ないですね。引用:Amazon
口コミ評価が高く初めて使用してみました。ライントラブルも起こりにくく、強度もあります。青物でも全然問題ありませんでした。引用:Amazon

⑤ 【ヤマトヨテグス】 PEショアジグ8

ヤマトヨテグスが販売する8本編みのショアジギング専用PEラインです。糸の滑らかさを追求したラインは十分な飛距離を出せるので人気です。

遠投が基本のショアジギングにおいて「カラーマーキングタイプ」の糸は目視しやすく重宝します。釣果の上がる方法を探しながらショアジギングを楽しみたい方にはカラーマーキングされているラインがおすすめです。

安いし強いしハリもあるのでキャストしやすいのでおすすめ。引用:Amazon

強度表記「MAX」のPEライン

⑥ 【シマノ】ピットブル8

志摩から販売あされている8本編みの低価格PEラインです。低価格ですが、もちろん基本性能はしっかり抑えある程度の基準はクリアしたモデルです。

さまざまな釣りのジャンルに対応できる汎用性があります。シマノブランドでタックルを揃えたい方はこちらがおすすめです。

2.0号を買いましたがしなやかですが程よく張りがありこの号数では合格点だと思います。引用:Amazon
0.6号から2号まで使用しましたがビギナーにはこのラインで充分です。引用:Amazon

⑦ 【サンライン】ソルティメイト キャストアウェイPE

サンラインから販売されている「ソルティメイト キャストアウェイPE」は、他のPEラインと比べ比重が重い特性のあるPEラインです。比重が重いラインの何が良いかと言うと、ディープエリア(深場)でボトム(底)までしっかりルアーを落とすことができる点です。

特殊コーティング加工は表面の滑りがよくなるので、キャスト時の遠もスムーズです。最近はシンキングライン(全体が水に沈むライン)を販売するメーカーが減ってきているので、ファンからはかなり重宝されている製品です。

数少ないシンキングPeライン!販売停止にならない事を切に希望します。引用:Amazon
使用しているルアーは、30〜40 g程度のメタルジグ。ライントラブルは皆無です。引用:Amazon

⑧ 【よつあみ(YGK)】 エックスブレイド アップグレード X8

よつあみ(YGK) から販売されている8本編みのPEラインです。号数の幅が広いので、ほとんどのカテゴリーに対応しています。

ショアジギングで扱う軽いジグでも軽快にキャストできる人気のPEラインです。スーパーライト ショアジギングやライトショアジギンング向けなので、小型〜中型狙いのPEラインを求めている方におすすめです。

価格はちょっとお高めですがトラブル無く長持ちするので結果お買い得でした。引用:Amazon
変なところに擦ったりしない限り超強力なラインです。引用:Amazon

⑨ よつあみ(YGK) エックスブレイド スーパージグマン X8

パワー・感度・耐摩耗性などバランスの取れた8本編みのPEラインです。太さが0.6号から6号までラインナップされていてバリエーションが豊富な点も魅力のひとつです。

反対に太さの種類が多いので、購入する際はよくチェックしてからにすることをおすすめします。10mごとにラインのカラーが変わるので、遠投の距離や深さがわかる点も優れています。

知り合いの評価が良かったんで購入。ストレスなく使用できてるので合格点です。引用:Amazon
新品のリールに装着し、新品のロッドで使用。初釣行では問題なく、魚とのやりとりも不安なく釣り上げられた。引用:Amazon

⑩ 【バリバス】アバニ キャスティングPE SMP

キャスティング専用に開発された8本組みの「アバニ キャスティングPE SMP」は、引っ張り強度・耐摩耗性・耐久性全てをクリアした最強PEラインのひとつです。値段は高いですがリピーターの多い商品です。

太さが3号からしかないので、軽めのメタルジグを使うライトショアジギング以下にはあまり向いていません。メタルジグを遠くまで投げ、大型の青物とファイトしたい方におすすめです。

色、使用感、キャスティング最高!引用:Amazon
大物やるならコレ一択!GT、マグロやるならこれしか使いません。引用:Amazon
ショアジギング等で1日かけてようやくヒット!という渋い状況からのラインブレイクという最悪な状況になりたくない人は間違いなくこのラインがおすすめです。引用:Amazon

まとめ

ショアジギング用PEラインおすすめ10選|人気商品や太さ(号数)の選び方を解説

いかがでしたでしょうか。

今回はショアジギング用PEラインの選び方とおすすめ商品について解説してきました。PEライン選びを失敗すると、せっかくヒットした魚を逃してしまう危険性が高くなります。

そうならないためにも選ぶ6つのポイント『カテゴリー・長さ・号数(太さ)・糸の強度・ブレイド数(糸の撚り:ねじりあわせ)・カラー』をしっかり理解してください。そうすれば誰でも自分に合ったPEラインを選ぶことができますよ!


釣猿サイトでは、初心者をはじめアングラー皆さんの小さな疑問やモヤモヤを解消するために様々な釣りに記事を用意しています。少しでも疑問に思ったことがあればサイト内をネットサーフィンしてみてください!皆さんのモヤモヤが少しでも晴れて、釣りを心から楽しめることを釣猿チーム一同願っています!

関連記事

年々増えてくる釣り人口の中、どんな釣りをするか迷う方も多いのではないでしょうか。 渓流釣りや鮎、船釣りに磯釣り、フライフィッシングなど、日本の釣りには魅力ある釣りが多く存在します。 その中でもルアーフィッシングは圧倒的に人気が高[…]

【大人気】おすすめショアジギングロッド10選!初心者でもわかる選び方もご紹介!
スポンサーリンク
ショアジギング用PEラインおすすめ10選|人気商品や太さ(号数)の選び方を解説
最新情報をチェックしよう!
 data-lazy-src=

SQUID MONKEYS

エギンガーのためのアパレルブランドが登場!ファッションから釣りを楽しむための、ユニークなデザインのエギング専用アパレルブランド『SQUID MONKEYS』

CTR IMG